働き方

続・まだ自動車メーカーで消耗してるの?あなたの会社に優秀な人材が集まらない理由

投稿日:2018年4月20日 更新日:

先日、自動車メーカーの給与水準が安すぎてハイスペック人材の確保は難しいんじゃないの?という観点で『まだ自動車メーカーで消耗してるの?』などと挑発的なサブタイトルの記事を書きましたが、今回はその続編。

自動車産業に優秀な人材が集まらなくなってきた

学生に求められる専門性が変化しているようです。

米自動車技術会の総会にあたるワールド・コングレス・エクスペリエンス(2018年4月10~12日、於:米ミシガン州デトロイト)では、ミシガン大学の教授が講演で「電気工学の学部の卒業生は自動車産業界から引く手あまただ。機械工学が中核だった自動車産業は大きく様変わりしたという印象が強い」と語った。

Source: DIAMOND online

上のソース記事はアメリカの話ですが、同様の話は日本でも聞かれます。

もちろん自動車は動力源がエンジンだろうがモーターだろうが機械工学のエンジニアが必要であることは変わりはないですが、EVシフトが鮮明な自動車産業においてその重要性は低下しているんだとか。

 

ちなみに、日本の大手企業は自動車に限らず入社後に学生時代の専攻がそのまま活かせるというのはレアケース。

せっかく学生時代に電気工学や制御工学を専攻してきたのにエンジン系の部署に配属された、などというミスマッチもよくあると思います。

誰しも自分の能力を活かせるフィールドを求めるものですが、一般的に、勤め人が企業内で自分の意思で異動するのは転職するよりもハードルが高いです。

そしてミスマッチを正すためにエネルギーを割くのは時間の無駄であることに気づいた優秀な人材は、辞めるどころかそもそも入社すらしないのが実態。

 

というわけで、あなたがもし「やっちまった」という部署に配属されているのであれば、とっとと脱出して不幸なキャリアをリセットしましょう。

脱出準備はマイナビジョブ20'sの登録からどうぞ。

 



典型的な茹でガエル

毎回トヨタの決算は好調でも危機を煽るのはご存知でしょうか?

外部から見てる普通の人たちにしてみると

自動車メーカー各社トップ自らが「100年に一度の時代変革」とか「いま我々は時代の崖っぷちにいる」といった主旨の発言をするのだから、若い世代に「これから先、この産業は落ち目になる危険性が高い」と思われても致し方ない

Source: DIAMOND online

とあるように何兆円も利益が出ていても「ヤバイよ!ヤバイよ!」って連呼するもんだから、マジでやばいのか!?というように見えている。

 

しかしトヨタは昔から決算のたびに「ヤバイよ!ヤバイよ!」って言ってるもんだから、慣れてる人にすれば芸人のネタやプロレスを見せられているぐらいの感覚にも近いと思います。

 

実際に内部では

自動車メーカーのトップは必死で危機感の共有を叫ぶが、仕事の現場では「3年後に量産する次期車両の開発」や「来月の販売目標達成のための営業」といったルーティンワークをこなすのが精一杯であり、自らの手で「100年に一度の時代変革」を起こそうという野心をむき出しにするような社員はまずいない。そうした社員たちが思う存分活躍できるような社内体制を整えている自動車関連企業にも、未だにお目にかかっていない。

Source: DIAMOND online

とのことで、100年に一度レベルの危機感は皆無に近いそうです。

まあまあの給料をもらいながら持続的イノベーションのためのルーティンワークに忙殺されている。それでなんとなく目先の生活と仕事は不自由なく維持できている状態。

これぞまさに茹でガエル。いや〜良いダシが出そうです。

 

まとめ

これまで私は日本の自動車メーカーが新しい時代に立ち向かう取り組みを応援してきたのですが、いろいろ見るにつけ最近ちょっと呆れつつあります・・・。

それは、

給与が低くミスマッチが横行しているので優秀な人材が集まらない、そして茹でガエル的な体質なので優秀な人材が活躍できる体制が整わない。

こんなんで本当に生き残れるんでしょうか?

仮にダイソンあたりが日本にR&D組織を持ってきて、年収1000万円程度で「俺達と革新的なクルマ作ろうぜー!」って募集をかけたら大量に流出するんじゃないの?

 

関連記事

まだ自動車メーカーで消耗してるの?次世代車開発へ人材獲得激化

パワエレ専攻の学生は引く手あまた。EVから電気飛行機へと広がる未来

[PR] まだ自動車メーカーで消耗してるの?脱出準備はマイナビジョブ20'sの登録から。

 

 



-働き方
-, , ,

Copyright© EV Journal , 2018 All Rights Reserved.