テクノロジー ビジネス 電気自動車

もうやめよう!水素社会というバベルの塔

投稿日:2018年4月12日 更新日:

水素社会はバベルの塔

こりゃひでぇw こんなもん作っちゃうなんて片腹痛いわww

FCVに充填圧力82MPa(メガパスカル)の水素を約3分間で充填(じゅうてん)できる機能を、40フィートコンテナ内に搭載した移動可能な水素ステーション。供給能力は117Nm3/h。この能力はFCV1台に充填する水素量を5kg(56Nm3)とした場合、1時間当たり2台に充填が可能だ。

そこのアナタ、笑わないの!

Source: ITmedia

水素社会構想っつーのは典型的な「バベルの塔」ですね。

バベルの塔とは

実現不可能な天に届く塔を建設しようとして、崩れてしまったといわれることにちなんで、空想的で実現不可能な計画を比喩的に「バベルの塔」という。

 



燃料電池車界隈は無駄が多すぎて感覚がマヒしている

燃料電池車界隈のアホっぷりは度々取り挙げてきましたので割愛しますが、40フィートコンテナってこんなのですよ?これで1時間当たり2台に充填って、ありえねーだろ。

 

実証実験ならまだしも商用でこんなことやっちゃうなんて、無駄の極致もいいとこw

 

関連記事

水素自動車が普及しない10の理由

水素燃料電池鉄道が有望かもしれない6つの理由

【朗報】日産が燃料電池車に見切り

水素燃料電池は定置型バッテリーでもバナジウム電池に敗れて終了w

トヨタの水素社会の夢、EVブームが侵食-FCV薄れる存在感

1ヶ月で採算が合う?!奇跡の水素スタンドを岩谷産業など2社が整備へ

 



-テクノロジー, ビジネス, 電気自動車
-

Copyright© 電気自動車の読みもの , 2018 All Rights Reserved.