空飛ぶクルマ

ポストEVは「空飛ぶクルマ」か?最新情報を集めてみた

投稿日:2018年3月21日 更新日:

ポストEVは「空飛ぶクルマ」か

最近、「空飛ぶクルマ」関連のニュースが増えてきました。その多くがコンセプト段階のヘンなものだらけですが、おもしろいので一気に紹介します。



ポルシェのエアタクシー

ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)傘下のスポーツカーメーカー、ポルシェは、空飛ぶ乗用車を開発する可能性を示唆した。都市部での飛行タクシーや配車サービスへの参入を検討する。

Source: Reuter

飛行タクシーとか言っちゃてるけど、そもそも今時点でポルシェはタクシーなんて作ってないし空も飛んでないし、ひとつも「ポルシェらしさ」が感じられない斜め上なコンセプト・・・。

とりあえず流行りに乗っとけ!って感じでしょうか。まあ、それほどまでに同社が「空飛ぶクルマ」に期待しているんでしょう。

アウディとエアバスの変態エアタクシー

渋滞にハマったらクルマの一部を道路に捨てて、運転手はドローンに乗ってサヨナラー。

なにこのジワジワくるコンセプトw 。

ポルシェといいアウディといい、ドイツ勢は慌てすぎて面白いことになってます。

UberとNASAの空飛ぶタクシー

ティザーに出てくる「空飛ぶクルマ」のコンセプトがオスプレイみたいなティルト・ローター型の機体であるあたり、自動車っつーより航空機の色が強い感がありますね。このへんはNASAの影響かな。

UPS、トラックから飛び立つ宅配ドローン

UPSの集配トラックの屋根部分から離陸したドローンが貨物を自動で住宅に配達し、その後、他の貨物の配達のために移動中のトラックに戻るというテストに成功したと発表しました。

Souce: 日経新聞

高層住宅に荷物を届けるときなどは、これができるようになると配達はスゴくラクになるでしょうね。

でもこれだとベランダに洗濯物は干せなくなりますなぁ。あ、欧米ではベランダに洗濯物干さないから良いのか。

Prime NowでAmazonからバッテリーが届く?

EVのバッテリーがAmazon Primeのドローンで届くとか、もうワケわかんない世界観ですね。

このアイデアって屋外環境を想像しがちですが、工場内で部品の輸送・組立にドローンを使うことができるとスペースや治工具の有効活用に活かせるかも。

ネタやハッタリではなく、実は奥深い可能性を秘めた特許かもしれません。

拙速は巧遅に勝る

これまで我が国の産業政策や企業戦略はことごとく時流を読み誤り、せっかく築いたアドバンテージが陳腐化するまで足踏みしたり、政策的な後押しが中途半端で投資が分散したり、コアな技術を他国にパクられたりで、散々な目にあってきました。

そんな状況を鑑みてかどうかは知りませんが、「空飛ぶクルマ」に関しては珍しく経産省が民間に先駆けて動いています。

今度こそ日本が次世代モビリティのトップに躍り出るチャンス!このままブレずに突っ走って、国際的なルール策定や規格整備の中心を担ってほしい!

まとめ

他にも大型ドローンを手がける企業はCARITVATOR(トヨタが支援)やVolocopter(ダイムラーが支援)、ヤマハ発動機、Kitty Hawk(Google共同創業者ラリー・ペイジ氏が設立)など、ビッグネームがゾロリひしめき合っています。

この「空飛ぶクルマ」カテゴリーは、「大人」が今にもガチの殴り合いを始めそうな雰囲気が漂っていて目が離せませんね。

他にも空モノにゆかりのある自動車メーカーはたくさんありますしね、SUBARU、Honda、BMW、ロールスロイス・・・。今後も大注目です。



-空飛ぶクルマ
-, , , , , , , ,

Copyright© EV Journal , 2018 All Rights Reserved.