社会

スマホ「ながら運転」厳罰化 事故なくても懲役6か月以下

投稿日:2018年1月14日 更新日:

携帯電話などを注視・操作しながら車を運転する危険行為に対し、政府が道路交通法改正で罰則を強化する方針であることが13日、分かった。

Source: 産経ニュース

厳罰化されます

携帯電話などを操作して交通の危険を生じさせた場合の罰則に

現状:3月以下の懲役または5万円以下の罰金

改正法案:1年以下の懲役または30万円以下の罰金

また、軽微な交通違反を犯した際に、反則金を納付すれば刑事訴追されない交通反則通告制度の対象から除外されます。

携帯電話などを操作して直接交通の危険を生じない場合の罰則

現状:5万円以下の罰金

改正法案:6月以下の懲役または10万円以下の罰金

スマホを操作しながら運転すると、事故を起こさなくても懲役刑が課される可能性があります!

スマホ「ながら運転」はダメ、絶対!

こうした厳罰化の背景には、近年「ながらスマホ」による事故が増加しているという背景によるものです。

広告

原付以上運転者(第1当事者)の交通事故件数と携帯電話使用等に係る交通事故の発生状況(平成23年以降)

交通事故の総数が減少しているのに、スマホ等の使用中の事故件数が増加しています。

これは由々しき事態ですよ。気をつけましょう、あなたも私も。

個人的には、自転車乗りながらの「ながらスマホ」もかなり悪質だと思うので、こちらも厳しく取り締まっていただきたいものです。罰則が緩ければ「ながら運転」しても良いというものでもないので、これを機会にやめましょうね。


 

今回の改正法案は、字面だけ読むとGoogle Mapで道順を調べたりiTunesで音楽を再生・停止するような操作でもアウトになりそうです。

直接的にはCASEとは関係の無いトピックですが、自動車のコネクティビティが進化していくうえで車内で情報通信機器をいかに安全に使うかということがさらに重要になるのではないかということ取り挙げました。

広告

-社会
-,

Copyright© EV Journal , 2018 All Rights Reserved.