テクノロジー ビジネス 電気自動車

ワイヤレス給電、2019年までにIHIが実用化か

投稿日:2017年1月25日 更新日:

近年、バッテリーの性能向上や充電時間短縮化が進み、EV普及拡大の足かせとなっていた課題が克服されつつあることから、欧米の自動車各社をはじめ、これまでHVやPHV、FCVを主軸にしてきたトヨタ自動車もEV開発を本格化させています。

そうしたなか、重工業大手のIHIが充電作業の簡便化を目的に、自宅などで駐車中に自動的に充電が可能な「非接触給電システム」の実用化を急いでいるようです。

昨年、2〜3年後の実用化を目指すとして開始されたIHIの非接触給電システムの実証実験であるが、改めて2019年の実用化に向けて開発が行なわれていることが報じられている。

IHIのワイヤレス給電システムは「磁気共鳴方式」を採用している。

非接触給電は駐車しておくだけで充電される使いやすさがメリットで、実用化すればEVの普及に弾みがつくことが期待される。

IHIと自動車のつながりというと真っ先にターボチャージャーが思い浮かぶが、来るべきEVの時代に向けて着々と新技術の仕込みを行なっているようだ。

先日行なわれたオートモーティブワールドでは、クアルコムがフォーミュラEのセーフティカーで採用されている非接触給電技術を出展するなど、実用化に向けて各社がしのぎを削っている。



-テクノロジー, ビジネス, 電気自動車
-,

Copyright© 電気自動車と自動運転の最新ニュース:EV Journal , 2018 All Rights Reserved.