社会 電気自動車

英国、2040年からガソリン車とディーゼル車を販売禁止へ

投稿日:2017年7月26日 更新日:

イギリスよ、お前もエンジン禁止か

英政府は、2040年からガソリン車とディーゼル車の販売を禁止する方針を26日に発表する見通し。大気汚染対策の一環で、電気自動車(EV)への完全移行を目指す。現地有力紙などが報じた。

フランス政府も先に、40年までにガソリン車とディーゼル車の販売終了を目指す方針を発表している。

英紙タイムズによると、英政府はモーターとガソリンあるいはディーゼルエンジンを組み合わせたハイブリッド車(HV)の販売も40年までに終了する方針。

デイリー・メール紙は、20年からは、最も大気汚染が深刻な道路で大気質の改善が見られない場合、地方自治体がディーゼル車に課税することが可能になると伝えた。

Source: Reuters

イギリスではHEV(ハイブリッド車)までも禁止となる、かなり思い切った政策です。

現実的には電力供給や充電インフラをどうするのかとか、イギリスの主要産業のひとつである石油業界をどのように保護していくかなどの課題はありますが、かつての米国のマスキー法のように規制がイノベーションを先導していくことになるでしょう。

 



関連記事

2025年

オランダで電気自動車以外の販売を禁ずる法案が可決の見通し

ノルウェー、2025年までにガソリン車を廃止?

2030年

ドイツ:2030年までにエンジン車販売禁止へ。

インド、やっぱりEV化やめないってよ。

デンマーク:2030年までにエンジン車の販売終了。2035年にはハイブリッドも廃止

2040年

フランスは2040年までにエンジン車を販売禁止

英国、2040年からガソリン車とディーゼル車を販売禁止へ

台湾、40年にガソリン車販売禁止 二輪は35年に電動化

2050年

経産省と自動車業界 2050年“ガソリン車”ゼロへ

未定

中国が化石燃料車の完全販売禁止を計画中

 



-社会, 電気自動車
-

Copyright© 電気自動車の読みもの , 2018 All Rights Reserved.