社会 電気自動車

中国が化石燃料車の完全販売禁止を計画中

投稿日:2017年9月12日 更新日:

中国も電動化に舵を切る

中国の電気自動車推進が更にひろがろうとしている。ブルームバーグによれば、中国は化石燃料車の販売を全面的に終了する予定であり、規制当局は現在、規制導入に向けてのタイムテーブルの作製に余念がないということだ。

Source: Autoblog

EVやPHVの普及政策であるNEV規制から一歩踏み込んだ内容ですが、中国は国内EVメーカーを育成することで自動車産業の覇権を握ろうとしていることは周知の事実なので、この動きは規定路線であり驚くような話ではありません。

将来的に化石燃料車の販売禁止を予定している国を挙も結構増えてきましたね。

 



関連記事

2025年

オランダで電気自動車以外の販売を禁ずる法案が可決の見通し

ノルウェー、2025年までにガソリン車を廃止?

2030年

ドイツ:2030年までにエンジン車販売禁止へ。

インド、やっぱりEV化やめないってよ。

デンマーク:2030年までにエンジン車の販売終了。2035年にはハイブリッドも廃止

2040年

フランスは2040年までにエンジン車を販売禁止

英国、2040年からガソリン車とディーゼル車を販売禁止へ

台湾、40年にガソリン車販売禁止 二輪は35年に電動化

2050年

経産省と自動車業界 2050年“ガソリン車”ゼロへ

未定

中国が化石燃料車の完全販売禁止を計画中

 



-社会, 電気自動車
-

Copyright© 電気自動車の読みもの , 2018 All Rights Reserved.