次世代モビリティの総合情報サイト

EV Journal

二輪

【東京モーターショー2017】ヤマハの電動バイクがキモスゴい

更新日:

10月28日から東京モーターショーの一般公開が始まった。

今回のテーマは「世界を、ここから動かそう。BEYOND THE MOTOR」であり、新たなイノベーションやビジネスを生み出せるようなイベントを目指すという思いを込められたものとなっている。

このため、主要各社はいわゆるCASE(Connected, Autonomous, Shared, Electricity)という100年に一度とも言われるパラダイムシフトを目前に、最新のテクノロジーやコンセプトの展示に力を入れている。一方で、モーターショーは年内〜数年後に市販を控えた現実的な商品のお披露目の場でもあることから、CASEとは縁遠い従来の延長にあるモデルの展示も同時に行なわれている。

東京に限らずモーターショーとは多かれ少なかれ現在と未来の狭間にあるものだ。しかし、今回のモーターショーを概観するに、かつてないほど現在と未来の間にある非連続性にモヤモヤとした後味の悪さを感じる内容であった。


そんな中、今回かなり頑張っていたと思われるのがヤマハ発動機。特に自立・自律する電動モーターサイクルの「MOTOROiD」には驚かされた。

広告

なんとこの電動バイクは、バッテリーを「おもり」としてロール軸中心に振り子のように動かすことで自立してしまうのだ!キモい、スゴい!

やってることは恐らく「倒立振子」のような古典的な不安定系の運動制御だと思われるのだが、これをバッテリーを「おもり」として実現してしまう発想が変態じみている。

しかしせっかくこんな狂ったEV(良い意味で)を作ったのに、ホンダにCES2017で先を越され、かつ初出展を「東京モーターショー」にしてしまったあたり、なんとも残念だ。

これがもしCES2017で出展されていたら、EVの特徴をフルに活かした機構や、AIやハプティックデバイスのデキからいっても、明らかに反響はホンダ以上のものであっただろう。


CASEというビジョンの実現に向けてやや苦悩が感じられる四輪に対して、ヤマハはブッ飛んだ技術の先に、たとえ今とは違う姿であっても単に移動の道具ではないモビリティがあるという可能性を示してくれる、とても夢のある展示であった。

広告

広告

-二輪
-, , ,

Copyright© EV Journal , 2017 All Rights Reserved.