電気自動車と仮想通貨の未来がわかる情報サイト

EV Journal

クルマ 企業

ヤマダ電機、2020年までに軽EV参入 4人乗り100万円以下

投稿日:2017年10月31日 更新日:

家電量販最大手のヤマダ電機が電気自動車(EV)事業に参入する。EV開発のベンチャー企業に出資し、部品は中国の自動車大手からの調達を見込む。生産は船井電機に委託し、2020年までに低価格のEVを発売する。EVはガソリン車より参入障壁が低く、自動車以外のメーカーも発売を計画する。ヤマダ電機のような小売事業者までプレーヤーが広がり、競争が激しくなる。

Source: 日経新聞

ヤマダ電機が電気自動車事業に新規参入

このたび報じられたヤマダ電機のEV事業の概要は下記のとおり。

  • 開発:FOMM
  • 生産:船井電機
  • 販売:ヤマダ電機店頭およびネット販売
  • 部品調達:北京汽車集団のグループ会社など
  • 保守・サービス:他社を検討
  • 車種:4人乗り軽EV
  • 価格:100万円以下
  • その他:走行距離に応じた課金制度を設けるなどで販売価格を抑えることも検討

開発を手がけるFOMMの鶴巻社長はアラコ、トヨタ車体、SIM-DRIVEを渡り歩いてきた超小型EVのオーソリティであり、この業界ではちょっとした有名人である。

FOMMは現在タイで超小型EVの量産計画を進めていることから、同モデルを日本向けにアレンジしたものになると予想される。2014年に発表されたコンセプトモデルが4人乗りであったことから、これに近しい車格で軽自動車認可の取得を目指すものとみられる。

広告

自動車産業の参入障壁を打ち破るか

ちなみにこういう新規参入のニュースが出てくると、ヤフコメは論外としても、普段リベラル&イノベーターぶってるNe◯sPi◯ksのコメント欄が突如として

「エンジンが無くても走る・曲がる・止まるには高度なノウハウが必要」

「安全性には自動車メーカーに一日の長がある」

「EVであってもクルマは家電のように簡単には組み立てられない」

「法令・基準を満足して認可を取得するなんて無理」

「車検やメンテナンスはどうするの?」

「中国製の部品使うなんてなんて怖すぎ」

「ヤマダ電機のブランド力でクルマはキツいわw」

などと、過去の常識にとらわれた「識者」たちのクソコメが湧いてくる。

・・・なんというか、もうちょっと挑戦しようとする人を素直に応援できないもんだろうか。これは自動車産業固有の問題というより、日本社会全体に蔓延する空気でもあるのだが。

とはいえ、これまでこういった業態がEVの出現以前には無かったことを考えると、たとえヤマダ電機がうまく行かなかたとしてもいずれ参入障壁を乗り越える事業者は必ず出てくるであろう。

 

弊サイトはヤマダ電機とFOMMの新しい挑戦が、過去の遺産に縛られている日本の自動車業界に風穴を開けてくれることを期待します!

参考記事

FOMM:今もっともアツい日本のEVのベンチャー

[PR]自動車保険は比較で安くなる!

 

広告

-クルマ, 企業
-, ,

Copyright© EV Journal , 2018 All Rights Reserved.