次世代モビリティの総合情報サイト

EV Journal

四輪 社会

電動化一番乗りはバス業界?

投稿日:

ガソリンから電気という自動車のエコシステムの変化の中では、乗用車ばかりが注目を集めている。しかしバスにも、環境により優しい電動タイプが登場しつつある。

従来のディーゼル燃料式のバスの平均価格は1台45万~50万ドル(約4,600万~5,100万円)。一方、運輸業界向けの電気自動車メーカーであるプロテラ(Proterra)のバスは1台74万9,000ドル(約7,635万円)とディーゼル式よりも高い。それでも長い目で見れば、差額を相殺できるだけのコスト節減ができる。

ディーゼルバスの燃費性能は4mpg(マイル/ガロン)だが、E2はガソリン換算で22mpgを実現する。燃料コストが安く済み、温室効果ガスの排出量も減らせる。また完全バッテリー式電動車両のため可動部品が少なく、修理やオイル交換がより少なくて済む。プレトラによれば、購入から廃車になるまでに、1台につき燃料やメンテナンス費40万ドル(約4,077万円)以上を節約できるという。

広告

バスは運行計画が明確なことから乗用車に比べて航続距離や稼働率などのマネージメントが容易であるので、コスト的な合理性が明確であれば補助金などのドーピングに頼らずとも電動化は進むであろう。

ましてや、排ガスが出ないことや騒音低減、スムーズな乗り心地、そして将来的に自動運転に移行する上での基盤づくりといったメリットを鑑みれば、乗用車よりも電動化の意義は大きいのかもしれない。

そういえば、Teslaも電動バス事業への参入を明言してたっけ。

広告

広告

-四輪, 社会

Copyright© EV Journal , 2017 All Rights Reserved.