次世代モビリティの総合情報サイト

EV Journal

社会

日本には先進的なバッテリー技術があるのに!なぜ電気自動車では存在感なし?

投稿日:

中国メディアの環球網はこのほど、日本にはバッテリーについて世界有数の技術があるのに、なぜEVの分野では遅れをとっているのかと疑問を投げかける記事を掲載し、「日本でEVが普及しない理由」について考察している。

日本が世界のEV市場で大きな存在感を示すことができていない背景について、記事は「日本の自動車業界がEV市場についての判断を誤り、燃料電池車(FCV)についての研究を進めたため」だと主張。今後はFCVよりEV市場の方が有望であるとの見方を示し、日本がEV市場で「失った時間を取り戻すのは非常にたいへんなことだ」とした。

広告

いろいろ要因はあると思うが、日本勢は次世代自動車の方向性を「CO2削減」や「大気汚染対策」といった文脈でのみ判断してしまい、HVやFCVなど競合が追随できないほどパワーユニットの複雑化・高度化路線に邁進してしまったのはマズかったのではないだろうか。

広告

広告

-社会
-,

Copyright© EV Journal , 2017 All Rights Reserved.