次世代モビリティの総合情報サイト

EV Journal

二輪 企業

UPQがモバイル電動スクーター、3月末に発表予定

更新日:

UPQ(アップ・キュー)の中澤優子CEO代表取締役は2月29日、新製品発表会の席でモバイル電動スクーター「UPQ BIKE」を3月末に発表する予定であることを明らかにした。

UPQ

電気の通るものはすべて家電製品

2月29日開催の新商品発表会において、「UPQ BIKE」の設計段階のスケッチが披露された。中澤CEOは「電気が通るものはすべて家電製品。バイクだけでなく、家も家電に入る」と語り、UPQの企画や開発ターゲットが既存の家電製品を超えて広範囲にわたることをアピールした。

ところでUPQって何?っていう人はこちらをどうぞ。

UPQは、「生活にアクセントと遊び心を」をコンセプトとした家電・家具ブランドだ。カシオ計算機の出身で、携帯電話やスマートフォンの商品企画を手がけた経験を持つ中澤優子氏が2015年7月に設立した。8月に開催した記者発表会で、若き女性がほぼ1人で全17種24製品を担当し、しかも「開発期間は2カ月だった」と公表したことで話題を呼んだ。数あるベンチャーの中でも注目されている企業の一つだ。

広告

近年、注目を集めているBalumudaCerevoなどと同様の家電ベンチャー企業である。UPQはいたずらに高性能・高機能を追い求めず、リバース・イノベーション的なニッチ製品を手がけるのが特徴だ。

さて、こちらのUPQから発表された「UPQ BIKE」であるが、現在は中国の工場で試作が進められており製品のテストが進んでいるようである。車体は原付クラスであり、日本国内の法規に対応するためにミラーや灯火器を取り付けることで上記のイラストよりも少し大きくなるようであるが、折りたたんで車に載せて運べるぐらいの大きさ・重量に収まりそうだ。

イラストから推察するに、タイヤは10インチぐらい、懸架系はリジッド、ホイールベースは12.5インチ、リアにインホイールモーター。USBポートやカメラマウントが設けられるあたりはUPQらしい仕様装備である。

このバイクで流れの早い国道などを走れと言われるとちょっと怖い感じはするけど、そもそもそういうことを期待するようなプロダクトではないだろう。しいて言えば、かつてHondaから発売されていたモトコンポに近いような印象である。

なお、詳細は3月末に再びアナウンスされるとのことである。

広告

広告

-二輪, 企業
-,

Copyright© EV Journal , 2017 All Rights Reserved.