次世代モビリティの総合情報サイト

EV Journal

モータースポーツ

全日本EV-GP第4戦、片山右京が MIRAI で初参戦へ

投稿日:

富士スピードウェイは、「2016全日本EV-GPシリーズ第4戦 富士EV50kmレース大会」を8月21日に開催する。

今大会では、元F1ドライバーの片山右京氏がトヨタ『MIRAI』でEVレースに初参戦するほか、前戦より参戦を開始しているホンダ『クラリティ FUEL CELL』が富士スピードウェイに初登場。燃料電池車(FCV)VS電気自動車(EV)の優勝争いにも注目が集まる。

日々EV関連のニュースに目を光らせているつもりだったんですが、こんなレースシリーズが存在していたなんて知りませんでした。スイマセン。。。

レース結果のほうは、Toyota MIRAIで参加した片山右京は6位、同じくMIRAIで参加している国沢光宏は4位であった。

このレースシリーズは2010年から(!)開催されており、車両性能ごとに以下のクラスに分かれている。

広告
  1. EV-1クラス ・市販車クラス(モーター最大出力161Kw以上)
  2. EV-2クラス ・市販車クラス(モーター最大出力111Kw以上161Kw未満)
  3. EV-3クラス ・市販車クラス(モーター最大出力61Kw以上111Kw未満)
  4. EV‐4クラス ・市販車クラス(モーター最大出力61Kw未満)
  5. EV-CLクラス ・コンバート・Lクラス(L=リチウムイオンバッテリー)
  6. EV-CPクラス ・コンバート・Pクラス(P=鉛バッテリー)
  7. EV-Pクラス ・プロトタイプ・クラス(開発車両/レース専用車両)
  8. EV-Fクラス ・燃料電池(FCV)クラス

また、レギュレーションの自由度は高く激ユルといっても過言ではない。メディアへの露出が少なくメーカーのワークス参戦や金にモノを言わせたようなチームも参戦していないことから、わりと牧歌的な草レースといった印象だ。

Formula Eではないけど、走行距離が長くないことや爆音が無いことを逆手に取って、お台場の青海臨時駐車場あたりでエキシビジョンレースでもやれば注目度も上がりそうなのにね。

広告

広告

-モータースポーツ
-

Copyright© EV Journal , 2017 All Rights Reserved.