次世代モビリティの総合情報サイト

EV Journal

Zaif

企業

トヨタのEV連合、スズキも参加へ 効率開発めざす

更新日:

スズキはトヨタ自動車やマツダが設立した電気自動車(EV)の技術を開発する新会社に参加する検討に入った。トヨタやマツダとノウハウを共有し、遅れていたEV開発で巻き返す。新会社にはトヨタ子会社の日野自動車や資本関係にあるSUBARU(スバル)も参加を検討する。日産自動車や米テスラなどが先行するEV市場での競争が激しくなりそうだ。

スズキのみならず、日野、スバルも合流検討という予想通りの展開!

広告

トヨタはこれまで「HVやってるから、構造が単純なEVなんていつでもできる」と余裕の構えだったが、気がつけばテスラに触発されたドイツ勢は大胆にEVシフトを進め、量産実績にいたっては日産に2周遅れ。

今ごろになってバタバタと開発態勢を整えているところを見ると、どうやら「いつでもできる」なんて大嘘だったんでしょう。

尤も、トヨタに限らず「技術的にできる」ということと「事業的にできる」「社内的にできる」ということは別次元の話なので、いろいろ事情はあるんでしょうけど。

ともあれ、EV部門を切り離したことで一気に量産化が加速すると良いですね。

広告

広告

-企業
-, , , , , ,

Copyright© EV Journal , 2017 All Rights Reserved.