次世代モビリティの総合情報サイト

EV Journal

企業

トヨタがテスラから規制対応で排出枠を爆買い

投稿日:

トヨタ自動車が2017年8月末までに米国で温暖化ガスの排出枠(クレジット)を米テスラモーターズから大量に購入したことが明らかになった。米カリフォルニア州大気資源委員会(CARB)が10月13日に公表した資料による。CARBは毎年、8月末までの1年間における自動車各社の排ガスゼロ車(ZEV)規制への対応を公表している。

広告

この件でトヨタがテスラにいくら払ったかはわからないが、米カリフォルニア州のZEV規制でクレジットを二社取引する場合の価格は公表されないが、他社から購入せずにCARBへ罰金を支払う場合は1クレジット当たり5,000ドルといわれているので、35,000クレジットを購入したトヨタの負担は最大で推定1億7,500万ドル≒200億円!(実際はもっと安く買ってると思うけど)

これが全てテスラの養分になってしまったわけだ。嗚呼もったいない!

トヨタにとっては総売上の2%にも満たない数字と言ってしまえばそうなのだが、「HVやってるから、構造が単純なEVなんていつでもできる」なんて言ってないで、突貫工事でも良いからEV作って売れば良いのにね。

広告

広告

-企業
-, ,

Copyright© EV Journal , 2017 All Rights Reserved.