次世代モビリティの総合情報サイト

EV Journal

Quoinex

モータースポーツ 二輪

二輪レースも電動の時代。Moto-eマシン初公開

投稿日:

これまで電動バイクの話題といえばスクーターみたいなタイプが多かった気がしますが、ここ最近は中型クラスやモータースポーツの話題も増えてきましたね。

ハーレーの電動バイクは2019年7月までに市販か

このたび、2019年から開幕が予定されているMoto-eのマシンが公開されました。

Moto-eは電動スポーツバイクによる新しいチャンピオンシップで、世界最高峰の二輪レースMotoGPのサポートシリーズとして開催される予定です。電動フォーミュラーカーで争われているFormula-eの二輪版ともいえるでしょう。

2月6日(火)、2019年よりスタートするFIM Moto-eワールドカップの発表会がイタリア・ローマで行われた。発表会ではイタリアの大手エネルギー会社であるエネルがシリーズのタイトルスポンサーとして就任することが明らかにされ、さらにシリーズで使用されるエネルジカ社の電動スーパーバイク「エゴ」が公開された。

広告

Source: motorsport.com

参戦チームはMotoGPクラスのプライベーターから7チーム、Moto2クラスとMoto3クラスから抽選で選ばれた4チーム、合わせて11チームが参加するとのこと。

車両が伊エネルジカのワンメイクということもあってかホンダやヤマハ、ドゥカティ、KTMといったワークス勢が参戦していないのが寂しいところですが、Formula eのようにレギュレーションが緩んできて無限あたりが参戦すると日本でも盛り上がりそうですね。

ちなみにF1とFormula eでは客層が違うといわれておりMoto-eがどれほど盛り上がるかは未知数ですが、あえてWGPの一部として開催されることで電動マシンの性能の高さを多くのレースファンに見せつけるチャンスになるかもしれません。


 

MotoGPの全クラスの予選・決勝はスカパーの日テレG+で絶賛放送中ですよ!

 

広告

広告

-モータースポーツ, 二輪
-, ,

Copyright© EV Journal , 2018 All Rights Reserved.