次世代モビリティの総合情報サイト

EV Journal

Zaif

テクノロジー

Tesla、バッテリー寿命を20年以上とすることに成功か

更新日:

加ダルハウジー大学のJeff Dahn教授は、米Tesla Motorsと組んでリチウムバッテリーの寿命を数十年にまで伸ばす方法を研究している。

その結果、わずか1年足らずで、Tesla Motorsのバッテリー寿命を2倍にすることに成功したと海外メディアは報じている。

テスラが自動車用に使っているバッテリーはNCA系(正極にリチウム、ニッケル、コバルト、アルミニウムの化合物を使用している)というものらしく、この電極表面にアルミニウム系のコーティングを施したんだとか。

広告

かねてからEVの弱点の1つとして、バッテリーが経年劣化し徐々に容量が減っていくということが挙げられていたが、ここでひとつ筋道がついたことで解決の目処が立ちそうだ。

Dahn教授はバッテリー寿命を2倍にするという研究目標を掲げ、Teslaと結んだパートナーシップ期間は5年。でも初めの1年であっさり目標を達成しちゃったらしく、あと4年も残ってるのでまだまだやるよってことみたいです。

広告

広告

-テクノロジー
-, ,

Copyright© EV Journal , 2017 All Rights Reserved.