次世代モビリティの総合情報サイト

EV Journal

二輪

台湾の電動スクーターシェアGogoroが日本上陸。今年中に石垣島から開始、来年には他都市でも

更新日:

台湾で電動スクーターのシェアリングサービスを手がけるGogoroが、日本での同サービス参入を発表しました。サービス名称は『GoShare』。2017年中に沖縄県の石垣島でパイロット展開を行ない、2018年には他の都市などにも広げる予定。合わせて同社は、住友商事との戦略的提携も発表しています。

ついにGogoroが日本上陸!

道路が閉鎖環境にあり、起伏が少なく、そしてホームグラウンドである台湾に気候が近いという点で、石垣島からの導入は正解かもしれませんね。

観光客にとって島内の移動がちょっと不便な瀬戸内の小豆島や直島なんかも良いかもしれません。

広告

また住友商事側のリリースによれば、「中長期的には、GoStationと交換式バッテリーを他社のスクーターや小型モビリティなどの電源として開放し、オープンプラットフォーム化していく」旨の一文もあります。

うーん、オープンプラットフォームにしたところで、迎え撃つホンダ・ヤマハの大手連合がこれに乗るとはとても思えないが・・・。CEATECでホンダがよく似たバッテリーパックを展示するみたいだけど、日本勢は自前開発にこだわりそうな予感。

Gogoroのバッテリーの中身はパナソニックの18650で性能は申し分ないだろうから、本格的に普及する前に規格を統一してユーザーベネフィットを追求してくれたほうが助かるんだが。

広告

広告

-二輪
-,

Copyright© EV Journal , 2017 All Rights Reserved.