次世代モビリティの総合情報サイト

EV Journal

企業

サムスンSDI、米EVベンチャーに車載電池供給

投稿日:

韓国サムスンSDIは米電気自動車(EV)ベンチャーのルーシッドモーターズ(カリフォルニア州)に車載電池を供給する。ルーシッドが2018年の発売を目指して開発中のスポーツタイプのEVに搭載する。サムスンSDIは独BMWなどに電池の供給実績がある。

ルーシッドとサムスンSDIが供給契約を結んだ。供給予定台数などは不明。供給する車載電池は電池1つあたりの直径が21ミリメートルと現行タイプよりも3ミリメートル大きく、容量が約5割増える。

ルーシッドは07年の設立。電池部品会社としてスタートし、現在はEVメーカーへの業態転換を目指している。18年に発売を計画するEVが新車第1号になる見通し。

天下の日経新聞様に新興EV企業Lucid motorsの記事が載ったことも驚きだが、気になるのはバッテリーのサイズ。

広告

EV用円筒形セルのデファクトスタンダードになるかと思われた18650(直径18mm、長さ65.0mm)だが、先日、Teslaのギガファクトリーで生産される新しいパナソニック製バッテリーのサイズが「2170」(直径21mm、長さ70mm)であることが報じられていた。

これに対し、このたび報じられたサムスンのバッテリーは直径21mm。これがパナソニックと同じ2170サイズであると仮定すると、その容積は24,233mm3

一方で18560は容積にして16,532mm3なので、2170は18560の1.47倍。つまり日経が報じた「容量が約5割増える」にほぼ一致するのだ。

以上のことから、次世代のEV用円筒形セルの規格はパナソニックとサムスンという大手2社が「2170」で共同歩調をとる方向にあると推察される。

広告

広告

-企業
-, ,

Copyright© EV Journal , 2017 All Rights Reserved.