次世代モビリティの総合情報サイト

EV Journal

Zaif

テクノロジー

サムスンSDI、EV向け新バッテリー公開

更新日:

韓国のサムスンSDIが12日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショーで、電気自動車(EV)普及に向けた新たなバッテリーを公開した。

「多機能バッテリーパック」は容量に合わせバッテリーのモジュール数を自由に調節できる。20のモジュールを装着すれば600~700キロ走行できる高性能EVに、10~12モジュールなら300キロ走行のEVにすることができる。自動車メーカー側がさまざまな走行距離のEVを設計できるようにした。

広告

サムスンのものが主流になるかはわからないけど、将来的にEVは必要な性能やプラットフォームのサイズに応じてパーツやバッテリーのモジュールを組合せて作られるようになるんだろうなぁ。

そうなると、近未来の自動車産業は精緻なすり合わせ技術を持った自社工場なんていらなくて、スマホみたいにEMSで安く作ってサービスで差別化しようよって話になるのかもしれない。

かつての半導体やテレビなどと同じように。

広告

広告

-テクノロジー
-,

Copyright© EV Journal , 2017 All Rights Reserved.