次世代モビリティの総合情報サイト

EV Journal

Zaif

テクノロジー

Samsung、5倍充電が速い“グラフェンボール”素材の新バッテリ開発

更新日:

Samsung Electronicsの研究開発チームは28日(現地時間)、ユニークなバッテリ素材「グラフェンボール」を開発したと発表した。

いきなり生々しい話で申し訳ないのですが、ハッキリ言ってサムスンやヒュンダイなど韓国企業のネタってアクセスが伸びない=広告収入が伸びないので、EV Journalでは積極的に取り挙げてきませんでした。でも今回のニュースはEVのキーコンポーネントであるバッテリーの性能を大幅に向上する(かもしれいない)話なので、あえて取り挙げます。


 

サムスン電子のニュースリリースを元に特長をまとめると、

広告
  • 一般的なリチウムイオンバッテリーに対して容量が45%増大
  • 一般的なリチウムイオンバッテリーに対して充電速度が5倍になる
  • 理論的には「グラフェンボール」材料をベースにしたバッテリーは12分で完全充電できる←意味不明
  • 電気自動車にとって重要な60℃の温度状況下でも安定して動作する
  • 強度と導電性に優れるグラフェンを電池に適用する手法を模索した結果、手頃な価格のシリカ(SiO2)を使用してグラフェンをポップコーンのような3D形状に大量合成するメカニズムを発見
  • 「グラフェンボール」は、リチウムイオン電池のアノード保護層とカソード材料の両方に利用されている

だそうです。

興味ある人は論文もどうぞ。

広告

広告

-テクノロジー
-,

Copyright© EV Journal , 2017 All Rights Reserved.