次世代モビリティの総合情報サイト

EV Journal

テクノロジー

ポスト・リチウムイオン電池の実用化に向けた挑戦

投稿日:

亜鉛と酸素を利用する「亜鉛空気電池」、正極に硫化物を用いた「硫化物電池」、これまで不活性とされた材料の界面をナノレベルで制御し充放電を可能にした「ナノ界面制御電池」といった3タイプの蓄電池において、エネルギー密度300Wh/kgを検証し、500Wh/kgが実現できる見通しが得られたという。

広告

未来はスグそこ。

大容量の次世代二次電池がソコソコのコストで実用化されれば、1充電あたりの航続距離が大幅に増大するとともに、充電頻度が下がることで外出先における充電時間の問題は解消。それでも心配なら食事中や買い物中に充電器に繋げておけば良いだけ。

広告

広告

-テクノロジー
-,

Copyright© EV Journal , 2017 All Rights Reserved.