電気自動車と仮想通貨の未来がわかる情報サイト

EV Journal

バイク 企業

その発想は無かった!ヤマハの電動化戦略

投稿日:

自動車業界で加速している電動化の波が大手二輪メーカーのヤマハ発動機にも押し寄せている。他社向けへの供給でハイブリッド車(HV)やプラグインハイブリッド車(PHV)用エンジンの開発準備を進めるほか、二輪でも小排気量クラスを中心に電動化を進め、充電池の方式などでホンダのほかスズキなど他社との連携も想定するなど変化を迫られている。

Source: Bloomberg

HV・PHV用エンジンの外販戦略

その発想は無かった!

HVやPHVのエンジンを車両と適切に接続できる形で開発し、トヨタのような他社に自社でやるよりもヤマハ発に頼めば「安く、早く、うまく開発できる」と認めてもらう必要があると話した。

電動化といわれると、ついついその会社の事業ポートフォリオがエンジンから電動にシフトするイメージがありましたが、ヤマハはエンジン開発から手を引く企業に対してHV・PHV用エンジンを外販して利益を得るという戦略ですね。

ただ、ヤマハの言う「他社」ってトヨタだけのような気も・・・。

電動バイクはホンダと協調。スズキも参加か

電動二輪車の普及に向けては業務提携の検討を始めたホンダとバッテリーや充電設備などを含めて協調分野を話し合っており、スズキなどにも呼びかけて「日の丸連合でやったほうがいい」と話した。

広告

電動バイクの分野、特に原付一種・二種のクラスでホンダと協業するというのは既に報じられているとおりですが、ここにスズキが乗っかると面白いですね。

小排気量クラスの排ガス規制対応が大変なのはどこのメーカーも同じでしょうから、実際にスズキとも話し合ってるんじゃないでしょうか。

 

国内の原付市場は壊滅状態なのでバラバラと各社で似て非なる車種を作るよりも、OEM生産はホンダに集約して収益体質を向上し、ヤマハ・スズキは思い切って不採算事業を畳んだほうがハッピーな気がします。

 

ホンダのスーパーカブヤマハのメイトスズキのバーディーが同じ電動プラットフォームで発売されたら胸熱!

ホンダ:スーパーカブ

スーパーカブのそっくりさんその1 ヤマハ:メイト

スーパーカブのそっくりさんその2 スズキ:バーディ

広告

-バイク, 企業
-, , , ,

Copyright© EV Journal , 2018 All Rights Reserved.