電気自動車と自動運転、ブロックチェーンの総合情報サイト

EV Journal

Amazon

     

テクノロジー 企業

壮大な無駄

投稿日:

こりゃひでぇw

FCVに充填圧力82MPa(メガパスカル)の水素を約3分間で充填(じゅうてん)できる機能を、40フィートコンテナ内に搭載した移動可能な水素ステーション。供給能力は117Nm3/h。この能力はFCV1台に充填する水素量を5kg(56Nm3)とした場合、1時間当たり2台に充填が可能だ。

なんだこれ

Source: ITmedia

燃料電池車界隈のアホっぷりは度々取り挙げてきましたので割愛しますが、40フィートコンテナってこんなのですよ?これで1時間当たり2台に充填って、ありえねーだろ。

実証実験ならまだしも商用でこんなことやっちゃうなんて、もはやユーチューバーや芸人がやってる「無駄装置」と同じレベルでしょw

広告

広告

-テクノロジー, 企業
-

Copyright© EV Journal , 2018 All Rights Reserved.