電気自動車と自動運転、ブロックチェーンの総合情報サイト

EV Journal

Amazon

     

企業

Panasonicが車屋になろうとしてるようにしか見えない件

投稿日:

最近のPanasonicの動き見て皆さんはどう思いますでしょうか。

Tier1サプライヤーとしての受注を目指す、とか言ってますけど

Tier1サプライヤーというのは、「完成車メーカーに部品やシステムを直接納入する一次サプライヤー」のことを言います。

あくまで部品屋という立場のはずなんですが最近のPanasonicの動きを見ているとどうも車屋になろうとしているようにしか見えないんです。

電気自動車(EV)のパワートレインに注力するパナソニック。ティア1サプライヤーとして受注を狙うのは、短距離移動が前提の超小型EV。中国などで一定の台数の規模を見込むビジネスだ。

Source: MONOist

自社ブランドのコンシューマープロダクツを手がけるB2Cビジネスよりも、基幹部品やシステムを広く外販するB2Bビジネスほうが儲かるんですかね。

イメージ的には一昔前のPC業界におけるインテルみたいな立ち位置でしょうか。

でも最近のPanasonicの動きは単なる部品屋で収まる気は無さそうなんです。

 

そういえばパナソニックは完成車も作るって言ってた!

 

なんて悶々と考えながら過去の記事を漁ってたら、こんなのが出てきました。

パナソニックは2020年にも、スマートタウンなど限定エリア内の移動手段向けに完全自動運転の超小型電気自動車(EV)を製品化する。自動車メーカー向けに開発する自動運転システムを応用し、市街地の一定エリアや商業施設敷地内などで区間往復する人や荷物の運送サービス事業など向けを想定する。自動車メーカーと競合しない1キロ―2キロメートル程度の移動手段を狙う。

広告

パナソニック、完全自動運転の超小型EVを2020年めど製品化

大事なことなのでもう一回書きますよ。

パナソニックは2020年にも、スマートタウンなど限定エリア内の移動手段向けに完全自動運転の超小型電気自動車(EV)を製品化する。

・・・言っちゃってた!

Panasonicは過去にはこんなステキなクルマも公開してます。車両製作は外注してるかもですが、要求仕様の定義はPanasonic主導でやっているでしょう。

超小型モビリティの法整備が暗礁に乗り上げているのがもどかしい・・・。

電機メーカーのEV進出

これもはや既定路線のような気がします。

もちろん高度な走行性能や安全性能が要求される用途は自動車メーカー様の優位性は揺らがないでしょうけど、MaaS(Mobility as a Service)においてはクルマそのものよりも提供するサービス内容が勝負になりますので、電機メーカーは小型モビリティや低速バスなど用途を割切りってしまえば参入しやすいと思います。

ダイソン、ヤマダに続きパナソニックもEV参入!

ソニー 電気自動車を独自開発 AI対応、遠隔操作も可能

楽しみだなぁ〜。

 

【妄想】PanasonicがTeslaを買収する!?

エイプリルフールにセンスのないジョークを飛ばして市場関係者を凍りつかせたTeslaのイーロン・マスク氏。

これを受けて「Teslaが本当にヤバくなったらトヨタが買収するんじゃねーの?」みたいな記事まで現れましたが、マジレスするとそれは無いでしょうね。今さらTeslaを買ったところで技術的にも商品的にもトヨタ側にメリットが無い。

ということで、個人的にはPanasonicがTeslaを買収するっていうストーリーが一番おもしろいと思いますが、いかがでしょうかね。

広告

広告

-企業
-, ,

Copyright© EV Journal , 2018 All Rights Reserved.