次世代モビリティの総合情報サイト

EV Journal

Zaif

二輪 社会

「燃料電池バイク」市販に向け、国交省が技術基準策定

更新日:

去る2月23日、国土交通省は国内自動車メーカーにおいて、二輪の燃料電池自動車の開発が進んでいることに鑑み、世界に先駆けて燃料電池二輪自動車等の安全基準を策定したことを発表した。

さて、国土交通省のWEBサイトに資料があるので内容を少し細かく見てみよう。

今般、圧縮水素ガスを燃料とする自動車の普及状況を鑑み、圧縮水素ガスを燃料とする二輪自動車に対する高圧ガス燃料装置の強度、構造、取付け方法等の安全基準の新設等を行うこととします。

とあるとおり、どうやらこれまで燃料電池自動車の安全基準は既にあったのだが、二輪車については安全基準が定まっていなかったようである。

一方で、Suzukiは少なくとも2007年より前から継続的に燃料電池二輪車の開発をおこなってきたとみられており(上の画像は2007年東京モーターショーに出品されたcrosscageというモデル)、2015年の東京モーターショーでもBURGMAN FUEL CELLが出品されるなど、いよいよ公道試験に向けた動きが活発化していた。

このたび策定された法改定内容の概要は以下のとおりである。

・転倒時に水素タンクが路面と接触しないこと
・衝突、追突時等にタンクが他の部品と接触しないこと
・規定の加速度を加えた際にタンクが脱落しないこと
・タンクの安全弁作動時の水素放出方向は下方へ
・水素放出時の気体濃度が基準値以下のこと
・水素濃度3%で警告、4%超えで水素供給を遮断

広告

おそらく、既存の四輪車の要件を基に二輪車用にアレンジしたのではないかと思しき内容であるが、素人目に見ても気になる所があるのだ。

suzuki2

例えば、容器安全弁作動時の水素放出方向についての規定は自動車でも定められているのだが、二輪車において「水素の放出方向は車両底面垂直方向とする」って、こんなので本当に良いのだろうか?ほとんどの場合、二輪車は事故が起きると転倒するが、この規定に拠れば事故発生時に転倒したバイクから高圧の水素が路上や歩道に向けて噴出されてしまうのだが・・・。

ついでに興味深いのは下記の内容である。

【適用時期】 新型車及び継続生産車:平成 29 年 2 月 23 日

つまり、燃料電池バイクが公道にお目見えするのはどんなに早くても2017年の2月23日以降であるということである。


と、まあいろいろあるけど、これまでの経緯を見る限り恐らく燃料電池バイクのトップランナーはSuzukiである。車体の小さい二輪に燃料電池を搭載するには自動車とはまた異なる制約があるはずだが、BURGMAN FUEL CELLがこれらを乗り越えてどんな形で登場するのか今から楽しみである。

広告

広告

-二輪, 社会
-,

Copyright© EV Journal , 2017 All Rights Reserved.