次世代モビリティの総合情報サイト

EV Journal

Zaif

イベント 二輪

東京モーターショー2015:ヤマハの電動バイクが超クール!

更新日:

PED2 電動ならではの特性に加え、既存のモーターサイクルファンにも違和感のない操作感と、Passion を感じる新感覚の走りを実現するEV 二輪のコンセプトモデル。

Street スポーツの「PES2」と、Dirt スポーツの「PED2」は、フレームを兼ねるモノコック構造の新パワーユニット(ヤマハ・スマートパワー・モジュール)を共有している。

「PES2」は、前輪にインホイールモーターを装着した 2WD を採用し、 未体験の走りの境地を開拓するオンロードスポーツ。一方の「PED2」は、EV のクリーン&サイレント性を生かして自然の中をトコトコ楽しむマウンテントレールギア。ともに原付二種クラス相当。

東京モーターショー2015では、ホンダに続いてヤマハからも電動バイクのコンセプトモデルが出展される。これは2013年の東京モーターショーで出展されたPES1/PED1の発展型であるよううだ。

PES1 vs PES2

f:id:EVJournal:20151016232401j:plain

モノコックフレームであることは前回と同じあり、燃料タンクがあった場所が抜けているデザインも踏襲されている。大きな違いとしては、やはりインホイールモーターが搭載されたフロントタイヤであろう。フロントフォークが片持ちであり、リヤサスもカンチレバーからモノショックへ変更されている。

広告

インホイールモーターによる2WDがどんな走りをもたらすか興味深いところではあるが、今回のモデルを見る限り市販はまだしばらく先とみて良いだろう。

PED1 vs PED2

f:id:EVJournal:20151016234258j:plainf:id:EVJournal:20151016234514j:plain

こちらはPES1/2と比べるとグッと量産に近いモデルに進化したような印象を受ける。

PED1がモトクロッサーモデルであったため灯火器やライセンスプレートが無く、出展車両もバッテリーボックスがむき出しだったことからあまり公道を走行する車両としては現実味が無いように見えたが、今回のPED2はトレールモデルであり灯火器、ミラー、ライセンスプレートなども装備されているので全体のバランスは市販目前のような佇まいである。

位置づけは電動セローといったコンセプトであろうか?ぬかるんだ路面でもトラクションコントロールを効かせてガシガシ走れそうであり、市販が楽しみである。


PED2には実走可能な車両が存在する

モーターショーでわりと完成度が高い印象を受けたPED2であるが、Yamahaのプロモーション映像を見ると走っちゃってる!

・・・いや分かる、整備されたクローズドコースをちょこっとだけ走るのと、リアルワールドを何万キロも走るのでは雲泥の差があることぐらい、さすがにズブの素人でも分かる。でもこの完成度。保安部品やライセンスプレートなんかが付いているせいだと思うのだが、「e-SERROW」なんて名前である日突然ラインナップに追加されても不思議ではない雰囲気。

Cubというビッグネームで勝負に出るHondaと、いち早くスポーツバイクのジャンルに挑もうとするYamaha。日本の二輪EVがおもしろくなりそうだ。

 

広告

広告

-イベント, 二輪
-, ,

Copyright© EV Journal , 2017 All Rights Reserved.