バイク 電気自動車

ホンダ、電動スーパーカブ2018年にも発売へ

投稿日:2015年11月18日 更新日:

電動スーパーカブの発売が報じられていますので、内容をまとめました。

航続距離は50kmに

  • ホンダは2017年にもスーパーカブの車体にリチウムイオン電池やモーターを搭載した電動バイクを一般発売する。
  • 2010〜2013年に同社がリース販売していたEV-neo(50万円前後)は1回の充電で約30km走行できたが、新型車は50kmの走行が可能となる目処がついた。
  • Yamahaが8月にE-Vinoを発売したが、国内の電動バイク市場は年間6000台程度。二輪最大手のHondaが本格的に参入すれば市場の活性化が期待できる。
  • 中国やアジアなどで厳しくなる環境規制に対応するため、日本のほか中国でも販売の予定。(別の記事ではASEAN地域)

ホンダ、電動スーパーカブ17年にも発売(日経新聞 2015年11月18)

 



発売時期は2018年

上記の日経新聞の記事では2017年に発売予定とありましたが、2016年2月に行われたHondaの社長会見によれば、EV-Cubの発売時期は2年後(つまり2018年)とのアナウンスがありました。販売地域は日本とASEANだそうです。

電動二輪車のEV-CUB Conceptをベースに量産化したEV-CUBを、2年後をめどに、日本で発売します。その後、カブシリーズの最大市場でもあるアセアン主要国に導入を計画。お客様の生活に根付いたカブを用いてEVの普及と、CO2の削減を目指します。

Source: Honda 2016年2月 社長会見 代表取締役社長 社長執行役員 八郷 隆弘 スピーチ骨子

社長がコミットしているのは心強いですね!

 

参考記事

電動スーパーカブの期待値が高すぎる

【バンコクモーターショー16】EVカブは原付二種に?

電動スーパーカブ最新情報!見た目は同じだが骨格は・・・


     
 


-バイク, 電気自動車
-,

Copyright© 電気自動車と自動運転の最新ニュース:EV Journal , 2018 All Rights Reserved.