次世代モビリティの総合情報サイト

EV Journal

四輪

ポルシェ・ミッションEのテストカー現わる

投稿日:

ポルシェは2015年のフランクフルト・モーターショーで公開した同社初のEV・ミッションEの開発を続けているようだ。

最近、フィンランド北部のポルシェのテスト施設で寒冷地テストを行なっているミッションEのテスト車両が捉えられた。このテストカーはパナメーラをベースとした改造車両だ。

このテスト車両は床下にかなり大型のバッテリーパックを搭載しているとみられ、パナメーラと比較すると明らかに不自然なプロポーションをしていることがわかる。これは大容量バッテリーを搭載することにより実用的な航続距離を実現したテスラから市場を奪い取ることを意識したコンセプトであるといえよう。

普通、このような試作車両にはカバーやデジタルカモフラージュ(白黒の渦巻き模様でデザインをわかりづらくする擬装)が施されたり、メーカーエンブレムなどは隠されるのが常であるが、この車両は写真を撮ってくれと言わんばかりのむき出しである。

あまりにも無防備。

広告

うがった見方をすれば、テスラ・モデルXやアウディQ8、ジャガーI-PACEなど、電動パワートレインのSUVの注目度が高まっていることに焦り、ポルシェがミッションEの存在をアピールするためにわざわざ「撮影会」をおこなったようにも見える。

当初、ミッションEの航続距離は400km程度を目標としているとみられてきたが、昨今のEV業界はかつての予想を上回るペースで航続距離を伸ばしてきており、現在の目標は530kmに上方修正されたようだ。

大容量のバッテリーにより0-100km/hの加速は3.5秒、200km/hにはわずか12秒で到達すると言われている。なお、バッテリー容量は公表されていないが一説には85kWh程度といわれる。

しかしより興味深いのは、現在の欧州の急速充電規格電圧である400Vの2倍となる800Vの充電システムを用いることで、これほど大量のバッテリーをわずか15分で80%まで充電することが可能であるということだ。


ここ数年内に世界の主要な自動車市場では環境規制が大幅に強化される。一方、近年売れまくっているSUV(特に大型SUV)は燃費が悪く、売れれば売れるほどCAFE(企業別平均燃費)を押し上げてしまうため、各社とも電動化を急いでいる。

EV好きのユーザーにとってはここ数年で予定されているラインナップの拡充は大歓迎なのだが、中の人はきっと大変なんだろうなぁ。

広告

広告

-四輪
-,

Copyright© EV Journal , 2017 All Rights Reserved.