次世代モビリティの総合情報サイト

EV Journal

企業

パナソニック、完全自動運転の超小型EVを2020年めど製品化

更新日:

パナソニックは2020年にも、スマートタウンなど限定エリア内の移動手段向けに完全自動運転の超小型電気自動車(EV)を製品化する。自動車メーカー向けに開発する自動運転システムを応用し、市街地の一定エリアや商業施設敷地内などで区間往復する人や荷物の運送サービス事業など向けを想定する。自動車メーカーと競合しない1キロ―2キロメートル程度の移動手段を狙う。

システム開発では車載カメラや強みの画像処理技術、人工知能(AI)のディープラーニング(深層学習)などを用いて自動運転する小型試験車を複数台、製作した。時速40キロメートル以下の走行をメーンとする。

すでに自社のテストコース(横浜市都筑区)で試験走行を始めた。16年度内には公道に近い環境がある本社・西門真地区(大阪府門真市)で実験に入り、17年度中の公道試験も計画する。

海外では異業種からのEV参入は当たり前のように行なわれており活況を呈しているのだが、ついに日本でも異業種から、しかもビッグプレイヤーになりそうなPanasonicの参入だ。

ここ最近は高齢者が加害者となった交通事故のニュースを目にすることが多いが、こういった生活の足に特化した自動運転EVがあれば高齢者のQOLを維持しながら事故の少ない社会が実現するかもしれない。

しかも、もうテスト車が走っているとは!パナソニックが自動車のテストコースを保有していたことも驚きだが、他にも電機メーカーでテストコース持ってるところはあるかなー、なんて調べてみると・・・。

三菱電機さん、やはりお持ちですね!

広告

日立さんも素敵なプルービンググラウンドをお持ちで!

ほほう、これが噂の悪路テストコースですか。こじんまりしてますけど、周りは畑ばっかりで良さそうな場所ですね。そういえば近々上場予定の自動運転ベンチャー・ZMPと合弁で、カートモっていう会社を設立したばかりでしたよね、ケンウッドさん。

なーんてね。

でも数年後には本当に電機メーカーの参入で自動車業界の景色はすっかり変わっているかもしれませんよ。海外ではダイソンがEVに参入するかも、なんて報道もあることだし。

広告

広告

-企業
-, ,

Copyright© EV Journal , 2017 All Rights Reserved.