次世代モビリティの総合情報サイト

EV Journal

Zaif

社会 自動運転

パナソニック 福井県、永平寺町とEVコミューターによる自動運転車の実証実験を開始

更新日:

2017年11月13日、福井県と永平寺町、パナソニックは、「永平寺参ろーど」を活用したEVの自動運転車両走行の実証実験を2017年10月3日から2019年3月末日まで共同で実施すると発表した。

数年前に行ったのですが、永平寺はとっても良いところです。

でも、えちぜん鉄道の永平寺口駅から永平寺山門まではとても徒歩では行けないような距離で、もともと永平寺口駅から門前の永平寺駅まで鉄道が敷かれていたようなのですが今は廃線となり、現在は国道364号線があるのみ。その道中も集落が点在しているほかは、名物の蕎麦屋やごま豆腐店がある程度の典型的な地方の風景です。

広告

そんなよくある地方の交通弱者の未来を救うべく、今年は自動運転の実証実験が各地でおこなわれています。

こちらで使用されるパナソニックの自動運転車両は「LiDAR(回転型レーザーレーダー)」「ステレオカメラセンシング」を備えたほか、自己位置を確認する「1周波RTK-GNSS受信機(2ch)」「全周囲カメラ」なども搭載した超豪華テンコ盛り仕様。

実験期間は2017年10月3日から2019年3月末日とのこと。ちなみにあのへん、めっちゃ雪降ります。

自動運転システムの環境タフネスもさることながら、車両が日本の過酷な四季に適合できるかどうかという点も大変興味深い実証実験です。

 

広告

広告

-社会, 自動運転
-,

Copyright© EV Journal , 2017 All Rights Reserved.