次世代モビリティの総合情報サイト

EV Journal

Zaif

テクノロジー 社会 自動運転

日産の自動運転タクシーは一般人でも体験できるよ

投稿日:

日産自動車株式会社と株式会社ディー・エヌ・エーは、無人運転車両による新しい交通サービス「Easy Ride(イージーライド)」について、一般モニターが参加できる実証実験を2018年3月5日(月)から3月18日まで、神奈川県横浜市のみなとみらい地区周辺で実施すると発表した。

Source: MdN

その名もEasy Ride

サービス名は「Easy Ride」。日産が車両を提供し、DeNAがインターネットとAIを活用した自動運転技術を組合せたものになります。

このサービスはスマホアプリで目的地設定や配車、支払いが可能なんだそうです。しかも

「パンケーキ食べたい」というような目的設定でも、適切なレストランを選んで、自動で目的地まで運んでくれる。

ですって。パンケーキならbillsやEggs 'n Thingsみたいなシャレオツ有名店だとサクッと案内してくれそうですね。さすがに横浜みなとみらいだと駐車場なんてそんなにたくさん無いだろうから、目的地の最寄り駐車場までの走行(と入庫?)とかになるんでしょうけど。

モニター応募は1月15日まで

日産公式によると、実証実験は2018年3月5日(月)から18日(日)までの2週間、神奈川県横浜市のみなとみらい地区周辺にて実施されるんだそうです。短かっ!

申込みは「Easy Ride」公式から。申込期間は2018年1月15日(月)までです。

DeNAはいろいろやってます

あのロボネコヤマトロボットシャトルもDeNAのプロジェクトですね。

広告

今のところ、ロボネコヤマトの実証実験は神奈川県藤沢市だけなので地域外の人は利用できません。ロボットシャトルは全国各地で散発的に実証実験をやってますが、神奈川の「さがみロボット産業特区」では試乗もできます。

あと最近話題の個人間カーシェアリング「Anyca(エニカ)」もDeNAですね。多くの人にとって車は遊休資産のさいたるもので、稼働率は4.2%という試算もあるぐらい。

この遊んでるクルマを人に貸してお小遣いをゲットしようというビジネス。もちろん保険や借主・貸主の信用を担保する評価制度なんかも充実していて、滅多に乗れない旧車やスペシャリティカーに乗るチャンスもあるということで、ジワジワ広がってるみたいです。

遊休資産の活用という点でいうとおそらく車よりもバイクのほうが稼働率は低いので、個人的にはバイクで同様のサービスがあると良いなぁとか思ったりもしますが。


 

日産・DeNAの自動運転タクシーの話からちょっと脱線しました。

自動車関連のニュースは大手自動車メーカーの動きにばかり目を奪われがちですが、最近はMaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)関連のビジネスはすごく活況で、「買わなくても利用できるのは当たり前」という未来はすぐそこに来ています。

広告

広告

-テクノロジー, 社会, 自動運転
-, , ,

Copyright© EV Journal , 2017 All Rights Reserved.