次世代モビリティの総合情報サイト

EV Journal

四輪

日産と三菱自、電気自動車の開発は日産主導へ

投稿日:

5月12日に資本提携で合意した日産自動車と三菱自動車は、両社が行っている電気自動車(EV)の技術開発に関して、今後は日産主導で行うことで調整に入ったようだ。

毎日新聞などの報道によると、EVの技術開発に関しては重複を避けるために日産主導で行い、三菱自動車は技術開発から撤退して他分野に集中するようだ。両社が計画していた軽自動車をベースとした次期電気自動車の共同開発を一時的に取り止め、基礎研究の重複部分統合や、電池の仕様統一などでコスト削減も目指す。

広告

三菱自動車が2020年度をめどに開発を進めていたSUV「RVR」の電気自動車は計画の見直しが行われることになりそうだ。一方で、電気バッテリーとガソリンの両方が使用できるPHV(プラグインハイブリッド)車に関しては、経験が多い三菱自動車の技術を活用する方向で開発を続ける方針。

RVRのEVは何処へ・・・。

これまで多少なりとも切磋琢磨する関係にあった両者のEV事業が統合されることは、果たして消費者にとっては朗報なのだろうか?(Nissanにとっては安い買い物だったのかもしれないが)

広告

広告

-四輪
-, ,

Copyright© EV Journal , 2017 All Rights Reserved.