次世代モビリティの総合情報サイト

EV Journal

イベント 四輪

日本のアスパークが世界最高加速を目指すEV初公開へ

更新日:

人材派遣・受託開発のアスパークは、9月12日に開幕するフランクフルトモーターショーに出展し、世界最高加速を目指す電気自動車『owl』を世界初公開すると発表した。

owl最大の特徴は、その圧倒的な加速力。フルカーボンボディやマグネシウム鍛造ホイールなど軽量素材を取り入れ、0-100km/h加速2秒以内という、乗用車世界最高加速を目指して現在開発している。

なぜ人材派遣・受託開発の企業がEVを?その答えは、

弊社ではかねてより、医療向けロボットの開発・制作や大学の研究の社内請負など、様々な自社開発に取り組んでまいりました。それらのノウハウや今までの人材派遣で培った技術力を活かし、電気自動車の開発をスタートさせていきます。

広告

ハイパフォーマンスEVの0-100km/h最速を競う競争はどこまで行くのか。テスト動画を見ると、もはや2秒台という領域はスリックタイヤとタイヤウォーマー無しでは到達できないレベルに来ているようである。

なんとこのクルマ、9月12日のフランクフルトモーターショーのプレスカンファレンスにて発表し、将来的には市販を目指しているとのことだ。

広告

広告

-イベント, 四輪
-,

Copyright© EV Journal , 2017 All Rights Reserved.