電気自動車と仮想通貨の未来がわかる情報サイト

EV Journal

クルマ

「ジャガーEタイプ」が電気自動車になって復活

投稿日:2017年9月9日 更新日:

ジャガーおよびランドローバーのクラシックモデルに関するサービスを手がけるジャガー・ランドローバー・クラシックは2017年9月8日(現地時間)、「Eタイプ」をレストアし、電動パワートレインを搭載した「Eタイプ ゼロ」を、ロンドンで開催中の「Tech Fest 2017」で世界初公開した。

いやー、コレはかっこいい!

広告

最高出力は300馬力、バッテリー容量は40kWhで航続距離は270km、0~100km/h加速は5.5秒とオリジナルモデルよりも1秒速いという俊足ぶり。

ただし、EVかどうかに関わらずクラシックカーと同じデザインで改めて量産しようとすると現代の保安基準や安全基準への適合がかなり難しいらしく、この車両もワンオフのレストアモデルとのことで市販予定は無いようだ。こんなオシャレなモデルなのにもったいない!

こういった過去の正の遺産が使えるあたりは、Teslaなどの新興勢には真似できない老舗自動車メーカーならではの強みですね。トヨタとかやってくんないかな、2000GTとかスポーツ800あたりで。

広告

-クルマ
-,

Copyright© EV Journal , 2018 All Rights Reserved.