電気自動車と仮想通貨の未来がわかる情報サイト

EV Journal

社会

インド、EV化やめるってよ。

投稿日:2018年2月18日 更新日:

インド政府が2030年の電気自動車(EV)普及に向けた政策を打ち出す方針を撤回した。ガドカリ道路交通相が「EV普及に向けた行動計画を準備しており、政策は必要ない」と述べた。30年に国内の自動車をすべてEVとするとした従来の姿勢を転換し、排ガスや石油輸入の削減に向けてハイブリッド車(HV)などの選択肢に柔軟な姿勢を示した格好だ。

Source: 日経新聞

ほほぅ。

もともとインドは国内にリチウム電池の生産基盤が無いとか充電インフラが不足しているとか、いろいろ言われていました。

「EVで大気汚染解消」インドの期待 厳しい現実

いくらインドの経済成長が著しいといったって、一人あたりの名目GDPがまだ中国の5分の1以下、日本の25分の1程度なので、現在の高級志向のEVでは普及は難しいのかもしれません。

 

ただ、中国よりも酷いと言われる都市部の大気汚染と、マヒンドラなどの地場メーカーの競争力強化のためにEV化を打ち出していたと言われていただけに、本当にこんなので良いのでしょうか?

 

ソース記事には「行動計画を準備しており、政策は必要ない」という意味深なコメントがあるので、まだまだ下心はありそうです。

広告

 

普通に考えたらわざわざ勝ち目のないエンジンでこれからも引き続き勝負しようなんて思わないでしょう。陰謀論になりそうなので詳細は割愛しますが、EV Journalの見立てでは「インド、EV化やめるってよ」にはゼッタイ裏がある!

広告

-社会
-,

Copyright© EV Journal , 2018 All Rights Reserved.