次世代モビリティの総合情報サイト

EV Journal

四輪

ヒュンダイが日産 リーフ を超える? EV航続500kmへ

投稿日:

『コナEV』(仮称)は、エントリーグレードに39.2kwh、トップグレードに64.2kwhの2種の異なるバッテリーパックを搭載、航続距離は日産『リーフ』新型の400kmをも超える500km(310マイル)を目標にしているという。

新型リーフが航続距離400kmを超えたことで航続距離競争は終わりが近づいてきたという見方もあるが、やはり航続距離は長いに越したことは無い。

広告

しかし、その気になればダイハツのミラを改造したEVでも500km以上走ることができるように、クルマのコンセプトがコスト・重量・車体サイズを許容するのであればバッテリーをしこたま搭載すれば航続距離はある程度伸ばせるわけで、もう少し詳細な情報が待たれるところだ。

広告

広告

-四輪
-, ,

Copyright© EV Journal , 2017 All Rights Reserved.