次世代モビリティの総合情報サイト

EV Journal

企業 社会

分譲済マンションにEV充電器を無料設置

投稿日:

日産自動車とNEC、大京アステージの3社は8月29日、「分譲済みマンションにおけるEV充電器を設置する実証プロジェクト」を開始すると発表した。

3社はEV普及への課題だった「分譲済みマンションへのEV充電器設置の新たなスキーム」を構築。大京アステージが管理する首都圏の分譲済みマンションで同スキームを実施し、実効性を検証していく。

これはマンション住まいのEVオーナー(予備軍)にとって嬉しい取り組みではないだろうか。

広告

インフラは商業施設やサービスエリアなどに設置された公共の急速充電器ももちろん重要なのだが、やはりEVは生活の拠点である自宅に充電器が設置されることの意義は大きい。

とはいえ、ユーザーにとっては無料であっても設置費用は事業主が負担しているわけで、インフラが自己増殖していくような持続可能なビジネスモデルとするにはもうひと捻り必要といえよう。

広告

広告

-企業, 社会
-, , ,

Copyright© EV Journal , 2017 All Rights Reserved.