次世代モビリティの総合情報サイト

EV Journal

Zaif

企業

ダイソン、ヤマダに続きパナソニックもEV参入!

投稿日:

パナソニックは中国とインドの現地企業に電気自動車(EV)の生産を支援する提案を始めた。部品単位だけではなく、EVの生産を丸ごと支援することも想定する。その場合、津賀一宏社長は「OEM(相手先ブランド)メーカーの形になる」と、完成車の生産に参入する可能性も示唆した。

二次電池やモーターといった重要部品の提供に加え、EVの設計、生産も支援する。2018年度にも事業化する。

Source: ニュースイッチ

相次ぐ電機業界からのEV参入報道

近ごろ、電機業界からのEV参入に関するニュースが相次いでいます。

ダイソン、ヤマダ電機、ソニー、鴻海精密工業(=シャープ?)など。

EV化で下がる参入障壁

考えてもみればカーエレクトロニクスと家電は求められる性能や耐久性などが違うといっても、バッテリー、モーター、インバーター、制御、通信、センシングなど一般的なところはやはり電気屋さんが得意とするところ。

広告

大手自動車メーカーの作る多くのクルマは、たとえ腐りかけたガソリンを入れようが多少火山灰が降ろうが、ヨーロッパの石畳からサーキット、灼熱の砂漠から凍てつく雪原まで、少々障害物にぶつかってもそれなりに安全・快適に私達を運んでくれるポテンシャルを持っています。

しかし、「半径◯km圏内の市街地だけ」とか、「時速◯km/h以下の自動運転だけ」というように用途を割り切ると、そこまで高性能(高コスト)なクルマは必要ないのかもしれません。

これについてはいろいろ異論・反論があることは承知の上ですが、昨今のニュースを見るにつけ、やはり自動車に関するノウハウが乏しい電機メーカーであっても、小型モビリティや低速バスなど用途を割切りってしまえば参入しやすいのでしょう。そうは言っても、自動車は人命を預かるものには変わりは無いので、単に設計・製造だけではなくて品質保証やら販路の開拓、認可取得など色々ハードルはあるんで、素人が考えるほどチョロいもんじゃないんでしょうけど。

私はパナソニックとかソニーのエンブレムが付いたクルマ、乗ってみたいですけどね。

広告

広告

-企業
-, , , , ,

Copyright© EV Journal , 2017 All Rights Reserved.