電気自動車と仮想通貨の未来がわかる情報サイト

EV Journal

クルマ 企業

EV大手テスラ、ささやかれる「拙速な製造」のツケ

投稿日:2017年12月7日 更新日:

[サンフランシスコ 29日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラ(TSLA.O)の新型セダン「モデルS」やスポーツ用多目的車(SUV)「モデルX」は、カリフォルニア州フレモント工場の組立ラインを離れた後、もう1度足止めを食らうのが当たり前だという。

Source:  Reuter

バカにするのは簡単だけど

IT上がりのくせにEVだからってクルマが簡単に作れるなんて思うなよ m9(^Д^)プギャー・・・と、バカにするのは簡単ですが、果たしてそうでしょうか?

広告

拙速と言えば聞こえは悪いけど、このスピード感や市場に刺さるマーケティングを、石橋を叩きまくる日本の大手メーカーに真似できるでしょうか。

「良いものを作れば客は必ず分かってくれる」とは言うけれど、キャズム前に飛びつくアーリー層やギークにしてみれば、ちょっとした品質の差よりも多彩なガジェットや先進性あふれるストーリーのほうがUXは高い

最近テスラの量産体制がうまくいっていないことをあげつらうような記事をちょこちょこ目にしますが、経験の浅いメーカーを叩くよりも学ぶべきところは謙虚に学んだほうが得るものは多いと思いますよ。

広告

-クルマ, 企業
-,

Copyright© EV Journal , 2018 All Rights Reserved.