次世代モビリティの総合情報サイト

EV Journal

Quoinex

テクノロジー

世界初!ブロックチェーンに接続可能なEV充電器

更新日:

株式会社ジゴワッツ(本社:神奈川県藤沢市、代表取締役:柴田知輝)は、ブロックチェーンに接続可能な、多機能型EV(電気自動車)用普通充電器を発売いたします。本製品では、充電課金による売上の一部を暗号通貨で設置場所の提供者に還元したり、ブロックチェーン技術により設置者独自の認証課金基盤を構築したりすることが可能です。また、Bluetoothで接続する認証用スマートフォンアプリにより、充電用ICカードがなくても、アプリのダウンロードと簡単な会員登録手続きのみで、即日充電器の利用が可能になります。

Source: Jigowatts

理想を言うと、EVの充電設備が街中のいたる所にあって駐車したらすぐ充電、そして出発する時は充電を停止して即発車OKというのがあるべき姿なんですよ。

ところが現在はEVを充電器を設置するという事業に経済的なウマ味が全く無いのでインフラが自己増殖するような段階には達していません。

また、不特定多数が利用する設備で認証・課金・精算というプロセスの正当性を保証する技術的手段が無かったので、NSC(日本充電サービス)とかいうゾウさんマークの中間業者を介してわれわれは充電器を利用しています。

こうしたことから、私たちEVユーザーはしぶしぶNSCが発行するワケの分からないカードを持たされ、充電のたびに充電器で認証したりブタ財布に悩まされたりしているわけです。

でもこれってムダですよね。

ゾウさんの充電料金に手数料がどれだけ入っているかは知りませんが、直接的・間接的にNSCとかいう業者を存続させるためにわたしたちは何らかの形で費用を負担しています

そこで出てきたのかジゴワッツの充電器です。

EVが内燃機関車より便利であるためには、車を利用していない駐車中に充電がされるべきであり、そのために目的地に多数の普通充電器が整備されるべきだと考えました。そこで我々は、取り付け場所を選ばない最小限の筐体に、予め準備の要らない認証システムを組み込んだ充電器を開発しました。そして、充電に必要な電力と駐車スペースを提供してくださるオーナーを増やすために、それぞれの充電器がEthereumなどのスマートコントラクトを実行可能なブロックチェーンに接続し、ドライバーが支払った充電代金を低コストで還元できるようにしました。もちろん、自宅や職場に設置しプライベートで利用する場合は、認証や課金を省略することも出来ます。

これって地味にスゴいことですよ!

Etheriumを使うことでNSCの機能をDAO(Decentralized Autonomous Organization:分散型自動化組織)で置換し、充電器のオーナーに代金を還元できる仕組みを実現しています。

スゴさの意味がわからない人は本を読んでください。

Etheriumはいわゆる仮想通貨の一種ですが、Bitcoinと同じような単なる金融商品だと思ってたら大間違いですよ!

根底にある技術はいずれもブロックチェーンですが、EtheriumはDAOを実現するためのスマートコントラクトやDAppsを実装することができるので、インターネットのように社会を変革するインフラとしての可能性を秘めています。

広告

つまりゾウさんマークのような中間業者はおろか、P2Pで充電器を運用・決裁することが可能になるのです。

P2Pでつながるシステムは神経細胞でつながる脳細胞のようにネットワーク効果を生み出します。

ネットワーク効果というのは、ノード(節)の数が増えれば増えるほどシステムの価値が増幅し、ユーザーの価値が増大する現象のことをいいます。電話やFAXは機器単独ではたいした価値を生み出さないけど、相互につながることで新しい付加価値を生み出しますよね?ブロックチェーンを活用することで充電器でも新しい付加価値を創造する可能性があるわけです。

これまでにEV JournalではEVとエネルギー、そしてブロックチェーンを組み合わせることによるビジネスの可能性を指摘してきました。

特許出願の状況などを見る限り自動車業界はまだ「クルマ ✕ ブロックチェーン」に注目していないようですが、今年はブロックチェーンが仮想通貨という投機商品からインフラテクノロジーへ変わっていく年だと思います。


 

ブロックチェーンや仮想通貨がよくわからないという人は、取引手数料がいちばん安いZaifで口座を開設して取引をやってみると良いでしょう。

ビットコインは1BTC=100万円以上なので高いという印象があると思いますが、最小単位は0.00000001BTC=0.01 円程度なのでお小遣い程度でも投資が可能です。

EV Journalを見ている人は技術に興味がある人が多いようですが、仮想通貨を持っていると背景の技術にも自ずと興味が向きますので、パチンコや宝くじでお金と時間をゴミ箱に捨てるぐらいなら、仮想通貨のほうがはるかに期待値が高く勉強にもなりますよ!

広告

広告

-テクノロジー
-

Copyright© EV Journal , 2018 All Rights Reserved.