欧州は自動運転に積極的 - EV Journal

社会

欧州は自動運転に積極的

投稿日:2018年1月31日 更新日:

自動運転に対する期待と購入意欲について(単数回答)は、日米欧(ドイツ/英国/フランス)ともに、期待しており購入したい、もしくは購入を検討したいと回答した割合の合計は40%を超える。中でも欧州が最も高く、「大いに期待しており購入したい」が19.0%、「期待しており購入を検討している」が34.3%と合計で53.3%だった。

Source: Response

わたしたち日本人から見ると、ヨーロッパはモータースポーツが文化として根付いていて、スポーツカーを好むユーザーも日本より多いので、「人間が運転すること」に重きを置いているように見えるのですが、実態は全然違うというのは意外ですね。

ミニバンだらけの日本と比べても、意外と欧米の人はクルマを運転することについて冷めた視点を持っているようです。

そして「自動運転を活用したい運転用途」ではどの国も共通して、買い物・通勤・旅行(レジャー)なんかが上位に入っています。このへんはどの国も同じです。まー、こういったシチュエーションは退屈ですもんね。

うがった見方ですが、大手メーカーがクルマの価値として訴求する「ドライビングプレジャー」とか「エンジンの咆哮」といったものは、実はノイジーマイノリティと中の人が作り上げた虚像なのかも?なんて気がしてしまいます。

-社会
-

Copyright© EV Journal , 2018 All Rights Reserved.