次世代モビリティの総合情報サイト

EV Journal

モータースポーツ 四輪

EVがダカールラリー初完走!

投稿日:

ダカールラリーは、あらゆる車両とそれらを操縦する人間にとって非常に過酷なレースだ。1月14日に幕を閉じた2017年のダカールラリーも、決して例外ではなかった。今年は、アルゼンチン、ボリビア、パラグアイを横断する全長約9,000㎞のコースだったが、激しい雨や土砂崩れという大惨事に見舞われて、参加車両の4分の1以上がリタイアを余儀なくされる波乱の展開となった。最終的に、自動車部門ではプジョーのステファン・ペテランセルが、チームメイトのセバスチャン・ローブを抑えて辛くも勝利を収めている。それに比べると順位でははるか後方であるとはいえ、スペインの大手エネルギー総合企業Acciona(アクシオナ)は、史上初めて電気自動車(EV)でダカールラリーを完走して歴史的偉業を成し遂げた。

ここ数年のプレミアム・スポーツEVは0-60mphの加速性能で3〜2秒台のタイムを競い合っており、もはやスプリント性能では並のエンジン車では及ばない領域に到達しつつある。

一方で、バッテリー性能の呪縛から長距離を高速で走行するという点に関してはEVは苦手としており、エンジン車いは全く歯が立たない状況が続いてきた。

ところが今年、世界一過酷な耐久レースといわれるダカールラリー(全長約9000km)において、なんとEVがで完走するという偉業を成し遂げました!

広告

ダカールラリーには1日で1,000km近くも走るようなステージがあり、走行抵抗の大きい砂漠やダートをかなりの速度で走るのだが、搭載しているバッテリーは150kWhと意外と小さいという印象だ。

パワートレインの最高出力は250kWで優勝したプジョーと同等レベルであり、特に大きなトラブルを抱えていたとか、ペナルティを食らったという情報も無いことから、かなりスピードを抑えたレース運びであったものと推測される(もちろんドライバーの腕もあるが)。

そもそもEVはスプリント性能ではエンジン車と互角以上だ。さらに空気が薄い海抜3,000m以上の高地であっても出力は低下せず、土埃に弱い吸気系や燃料系が存在せず、そしてモーターは駆動力制御の自由度も高いことなどから、潜在的にはオフロードへの適合性は高いと思われる。

したがって、ボトルネックとなっているバッテリー容量さえクリアできれば、上位を狙えるポテンシャルがあるのではないかと期待される。


ところで、アクシオナの偉業は嬉しいのだけど、「ダカールラリー」「EV」というキーワードが並ぶのを目にすると、三菱に挑んで欲しかったなぁと思わずにはいられない・・・。

 

広告

広告

-モータースポーツ, 四輪
-,

Copyright© EV Journal , 2017 All Rights Reserved.