マネー 仮想通貨

コインチェック仮想通貨流出まとめ(その1)

投稿日:2018年1月27日 更新日:

仮想通貨取引所大手のコインチェック(東京・渋谷)は26日、利用者から預かっている約580億円分の仮想通貨が外部からの不正アクセスにより流出したと発表した。2014年に日本のビットコイン取引所だった「マウントゴックス」が約470億円分を消失させて以来、過去最大の仮想通貨の流出となる。

Source: 日経新聞

いやぁ、大変な事件が起きましたね。直接的にはEV関連のニュースではないのですが、これまで仮想通貨の根底にあるブロックチェーン技術とEVの可能性について触れてきたので、この事件の経緯を振り返ってみたいと思います。


 

2018年1月26日 02:57頃 :事象発生

この時点ではコインチェックも気がついていなかったようです。のちに出てきた情報によると、事象はもう少し早い時刻から発生していた模様です。

 

2018年1月26日 11:25頃 :コインチェックにて異常を検知

残高が大きく減った時にアラートを発する仕組みがあったにも関わらず、およそ8時間経ってから気がついたとのこと。率直に言って、24時間365日稼働している取引所で本当にこんなことがあるのか?という印象。

 

2018年1月26日 12:07頃 :NEMの入金一時停止について告知
2018年1月26日 12:38頃 :NEMの売買一時停止について告知
2018年1月26日 12:52頃 :NEMの出金一時停止について告知

コインチェックブログで突然の告知。この時点ではわれわれ一般人は何が起きたかよくわかっていませんでした。

https://coincheck.com/blog/4671

 

2018年1月26日 13:00-14:00頃 :NEMの価格が高騰

実はこの日、中国三大取引所であるHuobiでXEM(NEM)/USDT(Tether)の取引が開始される予定であったため、チャイナマネーの流入によるNEMの高騰が期待されていました。

Due to XEM meets our USDT zone listing standards, XEM/USDT will be available on Huobi Pro from 18:00, January 26, 2018 (GMT+8).

Source: Huobi

このため、大手仮想通貨取引所Zaifのチャットなどではコインチェックの告知に絡めて

  1. コインチェックでNEMの取引が一時停止
  2. そういや今日はHoubiでXEM/USDTの取扱が始まる日だなぁ・・・
  3. 中華マネーがNEMを買い漁ったせいでコインチェックの在庫(※)が枯渇して取引が止まったのかも!?
    ※コインチェックは取引所ではなく販売所です。
  4. これからコインチェックがXEMを買い集めるぞ!

という「風が吹けば桶屋が儲かる」的な期待感が出ていました。

さらにかねてから噂されていた「XEMのBit Flyer上場」の噂(真偽不明)とあいまって、それまで104円前後でヨコヨコしていたXEMが突如として112.5円程度まで噴き上がりました。

2018年1月26日 14:11頃 :コインチェックの異変

ところがその後、Twitterや5chでコインチェック(CC)に異常が生じているという情報が出始め相場は失速。

 

ご丁寧なことに、初めに10NEMだけ外部に送ってアドレスの有効性を確認してますね・・・・。

 

その後もコインチェックからの告知が続きます。

2018年1月26日 16:33頃 :JPYを含め、全ての取扱通貨の出金一時停止について告知
2018年1月26日 17:23頃 :BTC以外(オルトコイン)の売買の一時停止について告知
2018年1月26日 18:50頃 :クレジットカード、ペイジー、コンビニ入金一時停止について告知

いよいよネット上ではこれアカンやつやん!という情報が広まります。

「コインチェックがGOX!?」

出金できない!(なぜか入金はできるのに・・・)」

XRP(リップル)もヤバイ!?」

全銘柄下がってる!」

「The DAO事件のときみたいにハードフォークして無かったことに・・・

 

2018年1月26日20:08 :コインチェック本社前の混乱が報じられる

ネット上で様々な情報が飛び交う中、コインチェック本社前の緊迫した様子が報じられます。これはリツイートの勢いランキングでも一時1位となりました。

この頃、「どうやらコインチェックが記者会見をやるらしい」という噂が流れはじめます。

「記者会見の時間は20時いや21時、23時?」「この状況でやるの?ホントに」さまざまな情報が錯綜します。

 

2018年1月26日 20:27 :NEM財団代表LonWong氏コメント発表

As far as NEM is concerned, tech is intact. We are not forking. Also, we would advise all exchanges to make use of our multi-signature smart contract which is among the best in the landscape. Coincheck didn't use them and that's why they could have been hacked.

Source: cryptonews

NEMに関する限り、技術は損なわれていません。 私たちはフォークしません。 また、私たちは、すべての取引所にマルチシグネチュア・スマートコントラクトを利用するようにアドバイスしてきましたが、コインチェックはそれらを使用していなかったためハッキングされた可能性があります。

NEM財団側は、資金流出がNEMの技術的な問題ではなく、コインチェック側がNEMの推奨仕様(マルチシグ)を導入していなかったことが原因である可能性を指摘しました。

さらにハードフォークによる夢オチな展開を期待する声もありましたが、NEMの技術的な瑕疵ではないことから財団側はその可能性をあっさり否定

状況は緊迫する中、いよいよコインチェックの記者会見が始まります。

その2)に続く



-マネー, 仮想通貨
-,

Copyright© 電気自動車の読みもの , 2018 All Rights Reserved.