次世代モビリティの総合情報サイト

EV Journal

社会

EVで日本の自動車メーカーが中国メーカーに負ける!?

投稿日:

EVや燃料電池車などの電動車について、自動車メーカーが気にするのは、世界一の自動車製造・販売国の中国と、第二位のアメリカだ、ということ。この2国のみが、電動車の販売台数に対する厳しいペナルティを課すからだ。

広告

まことに不愉快な見出しではあるが、中国メーカーにとってはガソリンエンジンの燃費技術や環境性能などといった日本メーカーが得意とする土俵で戦いを挑むことが得策ではないのは当然のこと。

このため中国は官民(党?)を挙げてEV優遇政策というゲームチェンジを仕掛けている。

一方で日本勢はEV化(≠FCV化)の波に乗り遅れており、このままではかつての優位性は失われ、かといって中国というビッグマーケットを無視するわけにもいかず、彼らが仕掛けた土俵で戦わざるを得なくなる。

この戦略は欧米のメーカーも然り。

広告

広告

-社会
-

Copyright© EV Journal , 2017 All Rights Reserved.