次世代モビリティの総合情報サイト

EV Journal

二輪

【BMW公式発表】新型C evolutionは日本導入へ

投稿日:

BMWは9月12日付けのプレスリリースで、10月1日から開催されるパリモーターショーにて新型C evolutionのワールドプレミアを行なうと伝えている。

新型C evolutionは、航続距離が長い「ロングレンジバージョン」と欧州のA1ライセンス(排気量125cc以下かつ最高出力11kW以下のクラス)に適合する「ヨーロピアンバージョン」の2タイプを展開となる。

また、販売地域は従来の欧州や中国に加え、米国、日本、韓国、ロシアが追加される。


概要は下記のとおり。

広告

 

  • 液冷電動モーター、ベルトドライブ、遊星ギヤからなるドライブトレイン・スイングアームによる革新的な電動駆動
  • バッテリー容量は旧型60Ahから新型94Ahへ増大され走行距離が大幅に向上
  • ロングレンジバージョン:
    定格出力は19kW・最高出力は35kW・最高速度は129km/h・航続距離は約160km
  • A1ライセンスバージョン(欧州のみ):
    定格出力は11kW・最高出力は35kW・最高速度は120km/h・航続距離は約100km
  • 惰行モード時やブレーキング時にはインテリジェントな回生をおこなう
  • 普通充電用ケーブルは細径化
  • 急速充電も可能に
  • 低重心なハイブリッドシャシーによる機敏なハンドリング
  • ABSによるパワフルなブレーキング
  • マルチファンクショナルTFT液晶、LEDポジショニングライト、LEDウィンカー、複数のライディングモード、リバースアシスト、トルクコントロールアシストなどが標準装備
  • 新色を追加(アイロニックシルバーメタリックとエレクトリックグリーン)
  • 着色ウィンドシールドとカラーステッチシートなどによる上質な仕上げ

日本国内の法制度だと普通免許&車検無しというのも魅力的だ。急速充電に対応とあるが、もしかしたら日本向け仕様ではCHAdeMO対応となるかもしれない(200V対応は確実だろう)。

ようやく電動バイクが次なる「使える」ステージに入ってくる様相だ。お値段については発表はされていないが、これは・・・欲しいぞ!

広告

広告

-二輪
-,

Copyright© EV Journal , 2017 All Rights Reserved.