次世代モビリティの総合情報サイト

EV Journal

四輪

BMW、EVをフルラインナップ化か

投稿日:

昨年あたりから、EV普及のネックになっているバッテリー容量拡大に関する情報が流れ始め、それに連動してEVの航続距離拡大が注目されるようになってきました。

BMWは今年3月、電動車両と自動運転車の拡大を柱とする2025年までの経営戦略「NUMBER ONE NEXT」を発表。

ハラルド・クルーガーCEOによれば、今後PHVやBMW「i3」に続くピュアEVなど7モデルを投入するそうで、年内にバッテリー性能の向上により、航続距離を200km(+40%超)に拡大した「i3」を発売する計画とか。

一方、米テスラは年間8万台のペースでセダンやSUV系のEVを生産しており、2018年までに年間50万台を生産できる体制を着々と準備中。来年には従来モデルよりも低価格なセダン「モデル3」の投入を予定しているようです。

こうした状況を受け、同CEOは10月11日、米WSJの取材に対して「全てのブランドとモデルのEV化を組織的に進める」と述べたそうです。

広告

BMWでは既存モデルのハイテク化に取り組んでおり、先月には「MINI」のピュアEVを2019年に、BMW「X3」のピュアEVを2020年にそれぞれ投入すると発表。

10月16日には同社のHP上でMINIのPHVバージョンを紹介するなど、電動化をアピールしています。

ここ最近のドイツ勢のEVへの傾倒っぷりはスゴいものがあるが、中でもBMWはiシリーズの展開で他社をリードしている。そんなBMWはTeslaの動向に刺激され全モデルでEV化を投入する体制をとるとのことだ。

「駆け抜ける喜び」は電動になっても失われず、ということか。少なくともBMWは、EVは走らないとか遅いなどといった偏見に囚われてはいないようだ。

広告

広告

-四輪
-,

Copyright© EV Journal , 2017 All Rights Reserved.