次世代モビリティの総合情報サイト

EV Journal

テクノロジー 社会

BMW、Daimler、VW、Fordが欧州に超急速充電ネットワーク

投稿日:

ドイツBMWグループ、同Daimler社、同Volkswagenグループ(Audi社とPorsche社を含む)、米Ford Motor社は2016年11月29日、欧州で超急速充電ネットワークを整備するための覚書に調印したと発表した。

電気自動車(EV)で長距離走行を可能にするため、欧州に多数の超急速充電ステーションを設置する。2017年にまず400カ所に充電ステーションを設置し、2020年までに欧州で数千カ所まで拡大する計画だ。

超急速充電では、350kWまでの直流電源で充電するため、大幅に充電時間を短縮できる。充電器は、交流電源での普通充電や従来の直流電源での急速充電にも対応できるように、既存の技術標準を拡張して、350kWまでの超急速充電に対応する。日本で使われている急速充電器の出力は一般的に50kW程度であるため、欧州はこの7倍の出力を目指すことになる。

EVの利便性を向上するにあたって、バッテリーの増大と充電器の性能向上は切っても切れない関係にあるが、2017年から欧州で整備が始まる新Combo規格は350kWの超急速充電ですよ!

現在最速のTeslaのスーパーチャージャーでも120kWなので、単純な出力の比率で考えると充電時間は3分の1に。

いやいや、我らが日本のCHAdeMOだって負けてはいませんよ。

161130_05

広告

CHAdeMOが350kWに対応する予定時期は・・2020年!?Comboの3年遅れ!

これから2020年頃までに様々なメーカーからEVが続々とデビューするのに、新しい超急速充電の運用が2020年だなんていくらなんでも遅すぎる!自動車メーカーの動きと足並みが全く揃っていない。

振り返れば、日本のCHAdeMO協議会は三菱iMiEVと日産リーフの発売に合わせて2010年に設立、それに対して欧州のCombo規格は2011年であった。

一時は日本勢はEVの普及において世界をリードしていたけれど、その後、カーメーカーは何を思ったか実用性重視のクルマでEVを作ってしまった結果、やれ航続距離が短いだの充電時間が長いだの負の側面にばかり焦点を当てられ、運動性能や快適性といった電動ならではの魅力には全く目を向けられない事態に陥ってしまった。

さらには、トヨタやホンダという国内の主力2社が揃いも揃って水素なんぞにうつつを抜かしている間に、欧米勢はEVを主戦場とすべく着々とラインナップの拡充に乗り出し、気がつけば黒船襲来の秒読み段階という事態に至ってしまったのである。

このタイミングで充電規格争いに負ければ、もはや有線充電規格は勝負アリ。次は無線充電規格の争いになるものと予想されるが、一旦デファクトスタンダードを握られてしまうと果たして勝ち目はあるのだろうか。

初めは勝っていたのに時流を読み誤って足踏みするうちに追い落とされる。スマホもテレビも半導体も。

自動車もいつか来た道を歩むのだろうか。

広告

広告

-テクノロジー, 社会
-, , , , ,

Copyright© EV Journal , 2017 All Rights Reserved.