次世代モビリティの総合情報サイト

EV Journal

四輪

爆速電動ミニバンのAtievaがLucid Motorsに社名変更

投稿日:

何と呼ばれようと、速いことは間違いない。今年の夏にテスト車両がドラッグレースでテスラとフェラーリを打ち負かした新興電気自動車(EV)メーカーのアティエヴァが、社名をルーシッド・モーターズ(Lucid Motors)に変更した。このシリコンバレー企業は、年内にEVセダンのコンセプトカーを公開し、2018年までに市販化することを目指している。

ルーシッド・モーターズのセダンは87kWhのバッテリーパックを搭載し、最高出力は非常にパワフルな900hp、0-60mph(96.6km/h)加速は3秒未満となる見込みだ。同社は公式サイトにティーザー画像をいくつか掲載しているものの、情報の大部分はまだ明かしていない。ただし、このセダンについては「長い航続距離と刺激的な加速」を謳っている。

テスラの元幹部が2007年に設立した新興EVメーカーのアティエヴァは、ここ2〜3年でハイパフォーマンスセダンを市販することを目標に車両の開発が行なわれていることが報じられてきた。

とりわけ、最高出力900馬力を誇るパワートレインを搭載した改造ミニバンでTesla Model SやBMW i8、Ferrari Californiaなどにドラッグレースを挑み無双っぷりを見せつけてきた。

広告

でも、市販版はセダンを計画してるのに何故ミニバンでテストするの?なんて思ってたら、今回の社名変更。ラグジュアリーカーに相応しく変なイメージが付いていないブランド名に変更だ。

161026_07 161026_04 161026_05 161026_06

まだティザーしか無いのだが、ネット上にはそれらしきクルマの画像もある。

161026_03


それにしても最近はEVの新興メーカーがすごく増えてきた印象だ。それも、かつてのように個人がガレージで遊んでるようなものではなく、ベンチャーキャピタルなどの大資本を背景に自動車メーカーやシリコンバレー出身の人材が担ってるような本格的なものだ。

これについては後日改めて取り上げようと思う。

広告

広告

-四輪
-,

Copyright© EV Journal , 2017 All Rights Reserved.