電気自動車と仮想通貨の未来がわかる情報サイト

EV Journal

社会

大雪の福井、ガソリンスタンド4割休業

投稿日:2018年2月11日 更新日:

今年の北陸の大雪はすごいですね。

一時は福井県内の国道8号線で350台以上のトラックや乗用車が立ち往生していました。

最も長いところでは48時間以上も足止めされたようで、寒い中で車内にとどまっているとエンジンをオフにすることもできないので自衛隊が給油支援を行なったようです。

大雪のため多くの車が立往生している福井県内の国道8号線では、燃料が不足するおそれがある車に陸上自衛隊がガソリンなどを給油する支援を進めています。

Source: NHK

これが燃料電池車だったらもっと悲惨なことになっていたでしょうね。

電源ONで暖房を使っていると水素がどんどん無くなっていき、路上でガス欠になっても高圧の気体燃料なので補給もできず・・・。もっとも、この点についてはHEVやPHEVならまだしも、EVについても大きな課題ですけどね。

 

2018年2月10日現在、立ち往生のほうが復旧しましたが混乱はまだ続いているようです。

広告

大雪の影響で福井県内の燃料不足が深刻化している。県が10日午後4時現在で県北部11市町のガソリンスタンド(GS)230店舗に電話で確認したところ、約4割が休業し、給油制限を行っている所も5割弱あった。県は「何らかの形で5割以上が供給できている」と強気だが、先行きは見通せない。

Source: jiji.com

かろうじて道路の通行はできるものの、タンクローリーなどの輸送遅れが生じてガソリンスタンドの営業に支障が出ている模様。

熊本地震のときもそうでしたが、やはり中央集権型のインフラは災害や異常気象に弱いですね。

熊本地震から考える次世代自動車

これほど普及しているガソリンスタンドですらこの有り様。水素ステーションなんて言うに及ばずでしょう。

 

一方、電気についても一時的に停電が発生していたようですが、早々に復旧しています。熊本地震のデータにもありますが、やはりネットワーク型インフラである電力は災害に強いですね。

ということで、ガソリンスタンド難民になっている方はEVの積極導入をオススメします。家でケーブル挿しとくだけなので、平時から給油に行く手間が省けて時短になりますよ!

広告

-社会
-,

Copyright© EV Journal , 2018 All Rights Reserved.